臨床研究関連セミナー << 国立がん研究センターについて

臨床研究関連セミナー

1.臨床研究セミナー
2.生物統計セミナー


当センターでは、各種の臨床研究に関連したセミナーを開催しており、臨床研究セミナーの一部についてはセンター外の方からのお申し込みも受け付けております。 ご興味のある方は、各セミナーの項をご参照ください。

1.臨床研究セミナー

臨床研究セミナーは、国立がん研究センターのスタッフ教育活動の一環として2012年度より開始されたもので、現在は研究支援センターのスタッフが中心となって企画・運営を行っています。
内部のスタッフを対象としていますが、会場に余裕がある場合は外部からの聴講も受け付けています。
ご興味のある方は までお問い合わせください。

・基礎編

臨床試験に関する基本的な知識を習得し、それぞれの立場で日常業務に反映することを目的としています。毎回個別のテーマを扱いますので、関心のある内容だけの聴講も可能です。講師は院内の若手スタッフ中心で、アットホームなセミナーを目指しています。8回以上受講した方には修了証が発行されます。

・トピックス/GCPセミナー

臨床試験に関する応用手金トピックスならびにディスカッションの場を提供するため、国内第一線で活躍中の著名講師を柏キャンパスに招聘してセミナーを企画します。また、治験責任医師を始めとする治験分担医師、協力者を対象にGCPに関するセミナーを年に3回開催します。

・研究倫理セミナー

研究倫理セミナーは、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等の各種倫理指針に則して職員が研究を行う際に必要となる最低限の研究倫理に関連する知識と当センターでの運用を習得するためのセミナーであり、外部からのお申し込みは受付しておりません。 講義の一部については、ICR臨床研究入門(臨床研究に携わる人のeラーニングサイト、ICRweb)の「倫理審査委員会コース」等で動画コンテンツとして公開しています。

2.生物統計セミナー

研究支援センター 生物統計部では、センター内スタッフを対象として、医学研究(看護研究、疫学研究などを含む)を自ら実施する研究者が知っておくべき、 生物統計学・疫学の方法論および考え方を理解して頂くためにセミナーを開催しています。
これらのセミナーを通して、統計ソフトの使い方などの単なるクックブック的内容ではなく、医学研究に必要な概念を説明し、自分自身で研究の計画・結果の解 釈・批判的吟味ができるようになることを目指しています。
内部のスタッフを対象としていますが、会場に余裕がある場合は外部からの聴講も受け付けています。 講義の一部については、ICR臨床研究入門外部サイトへのリンク(臨床研究に携わる人のeラーニングサイト、ICRweb)の「生物統計基礎セミナー」で動画コンテンツとして公開しています。
ご興味のある方は、までお問い合わせください。

・入門編

生物統計手法の基礎知識の習得・復習を目的としたものです。

・発展編

より応用的なトピック・周辺知識の習得を目的としたものです。