コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 国立がん研究センターについて > 情報公開 > 東病院の治療成績

東病院の治療成績

頭頸部腫瘍科・形成外科

舌がん治療例の生存率

舌がん初回治療例 363例(1992年1月から2001年12月治療症例)

  • 性別
    男性:238例(65.6%)
    女性:125例(34.4%)
  • 平均年齢
    57.8歳(範囲19歳から93歳)
  • 治療法
    手術単位:332例(91.5%)
    手術+併用療法(注):27例(7.4%)
    化学放射線療法:3例(0.8%)
    放射線治療単独:1例(0.3%)

注:併用療法=放射線治療または化学療法

対象症例のT因子・N因子と臨床病期

臨床病期別生存率

乳腺科・血液化学療法科

乳腺外科

乳がんの手術例の生存率
1993年1月から2004年12月までの手術症例

病期症例数5年全生存率10年全生存率
0期 87 99% 93%
I期 570 97% 94%
II期 1104 90% 80%
III期 214 66% 51%
IV期 22 32% 11%
合計 1997

1993年1月から2004年12月までの臨床病期別生存曲線

1993年1月から2003年12月までの臨床病期別生存曲線

消化管腫瘍科

上腹部外科

胃がん切除例の臨床病期(注)別生存曲線(1999年1月から2003年12月)

図 3 胃がん切除例の臨床病期注:別生存曲線(1999年1月から2003年12月)

注:画像診断等の術前検査結果にもとづいた進行度分類
がんを遺残なく切除できた患者さん(根治度AまたはB)の生存曲線です。Stage IVには高度リンパ節転移、肝転移等を切除した患者さんが含まれています。

胃がん切除例の組織病期(注)別生存曲線(1999年1月から2003年12月)

図4 胃がん切除例の組織病期注:別生存曲線(1999年1月から2003年12月)

注:手術で得られた材料の病理所見にもとづいた進行度分類

下腹部外科

直腸癌手術後の病期別生存

直腸癌手術例の臨床病期別生存曲線(1999年1月から2003年12月)1

直腸癌手術例の病理病期別生存曲線(1999年1月から2003年12月)2

結腸癌手術後の病期別生存率

結腸癌手術例の臨床病期別生存曲線(1999年1月から2003年12月)1

結腸癌手術例の病理病期別生存曲線(1999年1月から2003年12月)2

呼吸器腫瘍科

呼吸器内科

化学療法を受けたIV期非小細胞肺がん患者の生存曲線2002年から2006年(569人)

図2. 化学療法を受けたIV期非小細胞肺がん患者の生存曲線2002から2006年(569人)

呼吸器外科

肺がん切除例の臨床病期別生存曲線(2000年1月から2007年12月 手術症例)

臨床病期とはCTを主とした画像診断により、肺がんの進行度を示した分類です。

臨床病期別生存曲線

肺がん切除例の病理病期別生存曲線(2000年1月から2007年12月 手術症例)

病理病期とは手術により切除した標本により病理学的に進行度を診断した分類です。

病理病期別生存曲線