理事長ごあいさつ << 国立がん研究センターについて

理事長ごあいさつ



堀田知光 理事長写真この度、独立行政法人国立がん研究センター理事長に就任いたしました。就任にあたって皆様にご挨拶を申し上げます。

当センターは、昭和37年に東京築地の旧海軍軍医学校跡地にわが国のがん医療の拠点となる国立機関として創設されて以来、50年にわたり、地域の方々はもとより全国のがん患者さんに最新かつ最善の医療を提供するとともに、がんの病態解明と治療開発に向けた先端的な研究を行い、適正な臨床試験によって確立された根拠に基づくがん医療を実践する場として医師、看護師をはじめとする専門医療従事者養成の中心的な役割を担ってきました。そして、平成22年4月から非公務員型の独立行政法人として新たに生まれ変わりました。「国が直接に実施する必要はないが、公共上の見地から確実に実施されることが必要な事業を適正かつ効率的に運営する」ことが求められています。国のミッションとして必ずしも採算性が高いとは言えない事業を含めて、わが国のがん医療とがん研究を国と一体となって確実に実施しながら、健全な経営を行うことが、当センターに社会から求められる将来像ではないかと考えます。

平成19年に施行されたがん対策基本法とがん対策推進計画に基づき、当センターは高度先駆的ながん医療を行うとともに、全国のがん診療連携拠点病院との連携、臨床研究ネットワークの推進、緩和ケアの実践、相談支援と情報提供のモデルの構築などを通して、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上に努めています、そして、がん征圧・制御という最終目標に向けて、ひとりひとりにとってより効果的で優しい新たながんの予防・診断・治療法の開発と、それにつながる基礎研究と臨床への橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ)を推進しています。私たちは、当センターがわが国のがん医療と研究、がん予防と検診、さらにがん医療政策提言においてその中核的な役割を国民の皆様から期待されているものと考えています。「がんという病と苦痛から世界の人々を解放する」「がんとともに生きる社会づくりを先導する」ナショナルセンターとして、「職員のすべての活動はがん患者のために!」の精神に基づき、各々の職種が専門性と技能をいかんなく発揮し、十分な対話と開かれた議論のもと、その成果をわが国はもとより世界に広く発信して参りたいと考えています。

皆様のあたたかいご支援とご助言を心よりお願い申し上げます。

平成24年4月1日
独立行政法人 国立がん研究センター
理事長 堀田知光