国立がん研究センターの理念・使命 << 国立がん研究センターについて
ホーム > 国立がん研究センターについて > 国立がん研究センターの理念・使命

国立がん研究センターの理念・使命

1.理念
2.使命
3.スローガン



がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会をめざす

1.理念

社会と協働し、全ての国民に最適ながん医療を提供する


国立がん研究センターシンボルマーク
国立がん研究センターのシンボルマーク
癌文字画像の文字から ヤマイダレ画像(ヤマイダレ)を取り除き 癌のヤマイダレをとったもの画像とし、これを図案化したものです(1970年制定)。

国立がん研究センターのシンボルマークの3つの輪は、 (1)診療 (2)研究 (3)教育 をあらわしています。外側の大きな輪は患者・社会との協働を意味します(2014年)。

2.使命

1.がんの本態解明と早期発見・予防
2.高度先駆的医療の開発
3.標準医療の確立と普及
4.がんサバイバーシップ研究と啓発・支援
5.情報の収集と提供
6.人材の育成
7.政策の提言
8.国際貢献

3.スローガン

革新への挑戦と変革  Novel, Challenge and Change
職員の全ての活動はがん患者のために!  All Activities for Cancer Patients