研究費の不正経理、研究不正にかかる相談・通報窓口について << 国立がん研究センターについて
ホーム > 法人に関する情報 > 研究費の不正経理、研究不正にかかる相談・通報窓口について

研究費の不正経理、研究不正にかかる相談・通報窓口について



研究費の不正使用に関し、センター内外からの通報等(不正使用の疑いの指摘、本人からの申出など)を受け付ける窓口を設けています。 また、こちらの窓口において、併せて、研究不正に関する通報または通報に関する相談も受け付けています。
研究不正の通報の対象は、故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる、投稿論文等発表された研究成果の中に示されたデータや調査結果等の捏造、改ざんおよび盗用です 。

≪通報窓口≫

国立研究開発法人国立がん研究センター
コンプライアンス事務局(研究支援センター研究管理部研究管理課)

住所:〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1 管理棟2階
電話:03-3542-2511(内2252)
電子メール:


≪受付時間≫
9:00〜17:00
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始の休日を除く)


≪通報の方法≫
通報用の様式に必要事項をご記入の上、書面、電子メールなどにより告発窓口にご連絡ください。
※通報者からの情報を正確に把握し、迅速に対応するため、書面での通報の際には、次の様式を使用してください。
研究不正及び公的研究費等不正使用に関する通報書(Word)


≪留意事項≫
通報される方は以下の事項をご確認の上、ご連絡ください。
1) 通報にあたっては、通報者の氏名、所属及び連絡先等を必ず記入してください。
2) 通報の内容は、国立がん研究センターにおいて通報対象事実(研究費の不正使用又はその疑い)が生じていることを具体的に記述してください。
3) 通報は、不正行為を行った者またはグループ、不正の態様等、事案の内容等を明確に示した上で、相当の信頼性のある情報、証拠等を付してください。
4) 通報内容を把握するため、担当者より連絡させていただくことがあります。
5) 通報内容が一般的なご意見、苦情等の類であり、通報対象事実でないと判断した場合は、情報提供として所掌部局等に転送し、業務の改善等に活用させていただきますので、予めご了承ください。
6) 通報者は受付後において、氏名、所属および連絡先等の秘匿を希望することができます。
7) 通報者本人の許可なく氏名等を公表することはありません。 ただし、調査の結果、通報が悪意に基づくものであると認定された場合には、通報者の氏名、所属の公表や国立がん研究センターの規程に基づき懲戒処分等の対象となることがあります。
8) 通報したことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。

(参考規程)
国立研究開発法人国立がん研究センターの研究活動における不正行為の防止に関する規程pdf