コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成12年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成12年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成12年11月6日(火曜日)15時から17時15分

出席委員

垣添、掛江、齋藤、馬場、藪、山口(委員長)、吉野

事務局

木曽、関根、田中(記録)

審査課題件数

2件(承認1件、保留1件)

議事

1.第1回 国立がんセンター遺伝子解析研究倫理審査委員会議事録

2.国立がんセンター遺伝子解析研究倫理審査委員名簿

第1回の結論の変更により、委員の名簿の公開について、委員の所属も明記する。

3.第1回 国立がんセンター倫理審査委員会議事要旨の確認

4.審査課題2題

1.課題番号G12-01

  • 課題名:遺伝子解析による疾病対策・創薬推進事業における健常人 ボランティアの遺伝子解析に関わる研究
  • 申請者および所属:大木 操(国立がんセンター研究所)
  • 概要:健常者から試料の提供を受け、連結不可能匿名化で行う研究
  • 判定:承認
    1. 主たる意見について適切に訂正されたため委員長決定により11月2日、承認された。

2.課題番号G12-02(新規)

  • 課題名:日本人における遺伝子-環境相互作用研究のための基礎データを得るための生態学的横断面研究
  • 申請者および所属:津金 昌一郎(国立がんセンター研究所支所)
  • 概要:疫学研究で提供された既提供試料を用い、連結不可能匿名化で行う研究
  • 判定:差戻し
  • 主たる意見:
    1. 連結不可能匿名化の方法論が明確でない。
    2. 既提供試料についての説明文書、説明の同意書などが添付されていない。