コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成13年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成13年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成13年5月8日(火曜日)15時から17時50分

出席委員

垣添、掛江、齋藤、塚田、藪、山口(委員長)、吉野

事務局

関根、南、田仲(記録)

審査課題件数

3件(条件付き承認2件、差戻し1件)

議事

1.国立がんセンター遺伝子解析研究取扱規程

2.個人情報管理者運用細則

3.国立がんセンター遺伝子解析研究審査申請書

4.既提供試料に関するホームページ記載について

5.審査課題(3課題)について

1.課題番号G12-03(改訂版審査)

  • 課題名:がんの易罹患性に関わるSNPs等遺伝子多型の同定とその臨床応用を目指す研究
  • 申請者および所属:大木 操(国立がんセンター研究所)
  • 概要:新規提供試料(第二群、第三群)および既提供試料(B群、C群)を用い、連結可能匿名化で行う研究
  • 判定:条件付き承認・追加資料
  • 主たる意見:
    1. 遺伝情報の開示について、さらに整理した形で文書を提出すること。
    2. 本研究で使用する予定の「既提供試料の説明・同意書」を提出すること。

2.課題番号G12-09(再審査)

  • 課題名:肺がんの易罹患性に関わる遺伝子多型の研究
  • 申請者および所属:横田 淳(国立がんセンター研究所)
  • 概要:既提供試料(A群)を用い、連結可能匿名化で行う研究
  • 判定:差戻し・追加資料
  • 主たる意見:
    1. 対象群として想定されているそれぞれの研究の説明文書・同意文書の添付を求める。
    2. 一部の試料は、指針後B群試料と考えられ、拒否の機会を保障することが望ましい。

3.課題番号G12-11(再審査)

  • 課題名:肺がんの発がん要因に関する研究
  • 申請者および所属:横田 淳(国立がんセンター研究所)
  • 概要:既提供試料(A群、B群)を用い、連結不可能匿名化で行う研究
  • 判定:条件付き承認・追加資料
  • 主たる意見:
    1. 匿名化の作業について、指針に沿って行われていることを計画書中に記載する必要がある。
    2. 試料のすべてをどのように保存するのかを明確に示すべき。