コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成16年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成16年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成17年1月18日(火曜日)15時から15時35分

出席委員

石井委員、三輪委員、齋藤委員、塚田委員長、中釜委員、吉野委員

審査課題件数

1件(承認)

議事

1.課題番号:G16-03(新規)

  • 課題名:大腸腺腫の発生要因を探索する症例対照研究 遺伝 環境相互作用を中心に
  • 申請者および所属:津金 昌一郎(国立がんセンター予防研究部 部長)
  • 承認日:平成17年1月18日
  • 承認日:平成18年3月8日
  • 判定:承認
  • 概要:遺伝子情報を利用することについてすでに同意が得られている既提供試料を用いて、連結可能匿名化で行う研究。がん予防・検診研究センター検診受診者を対象に、大腸腺腫の有無と食物・栄養素摂取、各種感染抗体、関連遺伝子多型、およびそれらの組み合わせの関連を検討し、大腸腺腫の発生要因を探索する。
  • 主な審議内容:
    1. 遺伝子解析研究倫理審査委員会の意見に従い、適切に改訂されている。