コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成17年度 第1回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成17年度 第1回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成17年4月5日(火曜日)15時から16時25分

出席委員

石井委員、加藤副委員長、塚田委員長、中釜委員、齋藤委員、吉野委員

審査課題件数

1件(条件付き承認)

議事

1.課題番号:G17-01(新規)

  • 課題名:細胞接着分子TSLC1の関わる男性不妊症の検索および治療法の開発
  • 申請者および所属:村上 善則(国立がんセンター研究所 がん抑制ゲノム研究プロジェク 室長)
  • 条件付承認日:平成17年4月5日
  • 判定:条件付き承認
  • 概要:新規提供試料(血液等)を用い、連結可能匿名化で東京大学医学部付属病院において行う研究の分担研究。TSLC1遺伝子、蛋白質ががん以外の病態に関わっているかどうかを調べるとともに、その病態の新たな治療法を開発する。
  • 主な審議内容:共同研究者により東京大学の倫理審査委員会に提出される研究計画が承認されることを条件として、本研究計画を承認する。

注:平成17年5月20日に東京大学の倫理審査結果報告書(承認の判定)が提出され、委員長により、承認となった。