コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成17年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成17年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成17年6月9日(火曜日)15時から16時

出席委員

石井委員、岩間委員、清水委員、加藤副委員長、塚田委員長、中釜委員、吉野委員

審査課題件数

1件(承認)

議事

1.課題番号:G17-02(新規)

  • 課題名:大腸癌の発生、進展および治療感受性に関わる因子の解析 生活習慣、遺伝子発現および遺伝子多型から見た解析
  • 申請者および所属:森谷 宜皓(国立がんセンター中央病院 手術部 部長)
  • 承認日:平成17年6月9日
  • 判定:承認
  • 概要:発がん関与因子、進展関与因子、抗がん剤感受性関与因子に関して大規模で検討する。この際、宿主側要因を遺伝子多型により、腫瘍側要因を遺伝子発現により、環境側要因を疫学により解析検討する。
  • 主な審議内容:
    1. 遺伝子解析研究倫理審査委員会の意見に従い、適切に改訂されている。