コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成17年度 第5回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成17年度 第5回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成17年12月6日(火曜日)15時から16時23分

出席委員

石井委員、岩間委員、齋藤委員、清水委員、加藤副委員長、塚田委員長、中釜委員、吉野委員

審査課題件数

1件(承認)

議事

1.課題番号:G17-06(新規)

  • 課題名:サンパウロ在住日系人における食事、遺伝要因と大腸腺腫の関連について
  • 申請者および所属:津金 昌一郎(国立がんセンター がん予防検診・研究センター 予防研究部 部長)
  • 承認日:平成17年12月6日
  • 判定:承認
  • 概要:サンパウロ州の3病院で大腸内視鏡検査を受けた人を対象に、食事や環境要因などの影響を修飾するような遺伝子のSNPs解析を行い、遺伝-環境相互作用の検討を目的とした疫学研究を行う。また、病理組織標本を用いて特定の遺伝子変異の有無によって大腸腺腫を層別し、ある特定の遺伝子変異を持つ大腸腺腫に関連する食事や環境要因があるかどうかを明らかにする。
  • 主な審議内容:研究計画書、説明文書に改訂の必要な箇所がある。
    1. 遺伝子解析研究倫理審査委員会の意見に従い、研究計画書等が適切に改訂されている。