コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成18年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成18年度 第2回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成18年9月5日(火曜日)15時02分から16時18分

出席委員

石井委員、岩間委員、齋藤委員、清水委員、加藤副委員長、塚田委員長、中釜委員、吉野委員

審査課題件数

1件(条件付承認)

議事

1.課題番号:G18-03(新規)

  • 課題名:オキサリプラチン併用療法に関する薬理ゲノム学的研究
  • 申請者および所属:濱口 哲弥(国立がんセンター 中央病院 第一領域外来部 大腸科医員)
  • 条件付承認日:平成18年9月5日
  • 承認日:平成18年12月7日
  • 判定:条件付承認
  • 概要:オキサリプラチンとその代謝物の薬物動態、薬理作用および副作用発現に関連する分子をコードする遺伝子等の多型を個別にまたは網羅的に解析するとともに、遺伝子発現、蛋白質および内因性低分子化合物を網羅的に解析し、オキサリプラチン併用療法における薬物動態、有害反応、効果と相関するバイオマーカーを明らかにし、個別化治療の可能性を検討することを目的とする。
  • 主な審議内容:愛知県がんセンターにおける共同研究が倫理審査委員会の承認を得ることを条件として承認する。