コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 各種倫理審査委員会 > 研究倫理審査委員会 > 遺伝子解析研究倫理審査委員会 > 平成21年度 第1回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

平成21年度 第1回 遺伝子解析研究倫理審査委員会 議事要旨

開催日

平成21年5月26日(火曜日)15時から17時

出席委員

青木一教委員 石井昂委員 岩間毅夫委員 祖父江友孝委員 齋藤有紀子委員 清水勇男委員 塚田俊彦委員長 永井完治委員

審査課題件数

1件(委員長一任1件)

議事

1.課題番号:G21-01(新規)

  • 課題名:切除不能・再発大腸癌におけるセツキシマブ療法の臨床効果とFcγR II a、FcγR III a遺伝子多型との相関性に関する多施設共同の遡及的研究
  • 申請者および所属:吉野 孝之(国立がんセンター東病院 消化器内科)
  • 判定日:平成21年5月26日
  • 判定:修文後、承認(修正内容の確認は、委員長へ一任)
  • 概要:新規提供試料(血液)を用い、連結可能匿名化で行う研究
  • 主な審議内容:
    1. 共同研究機関との研究体制について
    2. 改訂の必要な箇所がある-個人情報の匿名化について体制を見直し、研究計画書への記載を簡潔かつ明確にすること