国立がん研究センター(National Cancer Center : NCC) バイオバンクについて

1. 国立がん研究センター(NCC)バイオバンクの紹介

【イメージ】バイオバンク調整委員会委員長 中釜 斉(研究所長)

 世界では毎年800万人を超える人ががんで亡くなっています。日本だけでも毎年36万人以上の人ががんで命を落としており、人口の高齢化がすすむとこの数字はさらに増加することが予想されます。このような状況下にあって、国立がん研究センターにおいては、最新・最善の治療を行う一方、新しいがん診断法・治療法の開発や、新たながんの予防法を構築することが社会的使命と言えます。
 がんゲノムの研究が急速に進歩した結果、がんの遺伝子異常は極めて多様性に富むことが明らかになりました。おなじ「肺がん」であっても人によって発がん原因遺伝子は異なっていることが多く、おなじ人のがんであっても例えば再発したがんは早期のがんとは異なる遺伝子異常が加わっていることがわかったのです。がんのこのような特性を理解し新しい治療法を開発するためには、実際の患者さんの生体試料を最新の技術で解析することが極めて重要といえます。この目的のためにNCCバイオバンクは設立され、ご協力頂ける患者さんから腫瘍・血液などが臨床情報と共に厳重な管理下で保存されてがん研究に用いられます。

 NCCバイオバンクの試料を用いた研究は、既に個別化医療の実現に向けたいくつかの成果をあげています。たとえば、肺がんの一部において特徴的な遺伝子の異常(RET融合遺伝子)を見いだし、この異常を有する肺がんに対して効果が期待される治療薬を用いた臨床試験が行われています。
 詳細な診療情報や病理情報が付与された精度の高いバイオバンクの構築は、現在、有効な治療法がないがん種に対して効果的な治療薬の開発を可能とし、がん克服という人類共通の願いを実現するための重要な礎となります。今、我々が受けている医療も、過去の多くの患者さんの協力により、開発されてきたものです。

 医療従事者と患者さんのみならず、ご家族の方々や国民全員が協働することにより、近い将来にがんが決して怖い病気ではなくなる時代を実現するために、国立がん研究センターの職員全員が一丸となり、他のナショナルセンターとも連携・協力しつつ、充実したNCCバイオバンクの構築に取り組んでまいります。みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

バイオバンク調整委員会委員長 間野 博行
(研究所長)

このページのトップへ

2.バイオバンクとは?

バイオバンクとは、血液や組織などの試料(検体)とそれに付随する診療情報などを保管し、医学研究に活用する仕組みのことを言います。
国立がん研究センターでは、中央病院・東病院に受診された患者さんを対象に、検査に使われた血液や組織などや、手術などで摘出された組織の診療後の残りと研究用採血、それらに付随する診療情報、診療後の経過の情報の提供をお願いしています。ご提供いただいたこれらの試料と情報は、バイオバンクに整理して保管し、がんおよびがん以外の医学研究に使わせていただきます。

国立がん研究センターバイオバンクの試料と情報を研究に使うときの手続き

バイオバンクの試料と情報を利用する研究は、その一つ一つが当センターの研究倫理審査委員会で、倫理的に問題がないか、医学的に有用な研究であるかという観点から審査を受けます。その結果、許可された研究に対してのみ、バイオバンクの試料・情報が研究に使われます。研究に使われるときには、匿名化などの方法で個人情報は厳重に保護いたします。

国立がん研究センターバイオバンク試料を使った研究

バイオバンクの試料と情報は、国立がん研究センターで行う研究はもちろん、他の大学や研究機関、企業との共同研究に大切に使わせていただき、将来の医療に向けて新しい診断法、治療法、予防法の研究開発などを行います。研究の中には、「細胞株の樹立」と言って、ご提供いただいたあなたの血液や組織から細胞を取り出し、その細胞を試験管内で「培養」して増やすものや、「ゲノム解析」と言って、私達の体を構成している細胞から、一部あるいはすべてのDNA配列を調べるものも含みます。
国立がん研究センターバイオバンクを利用した研究については、こちら包括的同意利用倫理審査承認課題一覧からご覧いただけます。

国立がん研究センターバイオバンクと6ナショナルセンター共同のバイオバンク

こうしたバイオバンクの取組みは、当センター以外の5つの国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)においても行われており、6つのナショナルセンターが協力し合い、共同でバイオバンクを構築しています(ナショナルセンター・バイオバンク・ネットワーク(NCBN)プロジェクト)。バイオバンクの試料と情報は、他の大学や研究機関、企業に提供される可能性もあります。

このページのトップへ

3. 各部門について

  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
このページのトップへ