がん情報提供部 << 国立がん研究センターがん対策情報センター

がん情報提供部



がん情報提供部では、がんに関して信頼のおける情報をわかりやすく提供します。

活動

がん情報提供部では、がんに関連する情報や支援プログラムの作成、活用支援、普及/均てん化に関する3つの活動を柱に、がん情報提供基盤体制の構築や整備に関する活動を行っています。
・ がん情報コンテンツ作成と迅速ながん情報の収集と作成・評価と更新体制の整備
・ がん情報コンテンツの活用環境の拡大と活用のための教育および支援
・ がん情報の普及とそのための広報およびネットワークづくりの支援

●がん情報コンテンツ作成と迅速ながん情報の収集と作成・評価と更新体制の整備

  1. がん情報コンテンツ作成と更新
    1) がん情報サービス(http://ganjoho.jp) がん情報サービスへのリンク のコンテンツ作成およびシステムの拡充
    がんに関する情報コンテンツの更新(各種がんの情報、療養・就労支援コンテンツ、患者体験談追加)を行い、随時がん情報の新規コンテンツの拡充を行うとともに、がん情報提供システム(拠点病院情報登録システム、グラフデータベースシステム、eラーニングシステム)の更新や拡充を行っています。
    2) がんの冊子、患者必携など、がんに関する冊子・書籍の作成、がん情報の普及・啓発のためのパンフレットの開発と作成
    がんの冊子 がん情報サービスへのリンク患者必携 患者必携サイトへのリンク働く世代向けがん情報 がん情報サービスへのリンクなど、信頼できるがん情報をまとめた冊子・パンフレット・書籍を作成し、がん情報サービスに掲載するとともに、PDFファイルでも提供し、内容の更新・拡充を行っています。
    3) 情報弱者(視覚障害者)向けコンテンツの作成・拡充 がん情報サービスへのリンク
    音声コンテンツの作成やがん情報点訳・音訳資料作成支援とがん相談支援センターへの情報提供を行っています。
  2. がん情報作成基盤の一環としての活動
    1) がん情報編集委員会事務局の運営
    がん情報サービスから発信される全ての情報について、がん情報サービスの編集方針 がん情報サービスへのリンク に基づき、「がん情報編集委員会」で確認と評価を行い、その上で情報発信を行っています。
    2) がん対策情報センター「患者・市民パネル」事務局運営と活動
    全国のがんの体験者やがん対策活動に関心をもつ、いわば「がん対策応援団」を毎年募集し、100名の「患者・市民パネル」の皆さまに、がん情報サービスから発信されるコンテンツの評価や企画活動への参加、がん情報の普及活用支援などのご協力をいただいています。「患者・市民パネル事務局」の運営を通して、より多くの国民の皆さまに、日本のがん対策やがん対策情報センターの活動を知っていただくための活動を行っています。

●がん情報コンテンツの活用環境の拡大と活用のための教育および支援

  1. がん情報コンテンツ利用環境の拡充
    1) がんの冊子、患者必携など、がんに関する冊子・書籍の活用支援、普及・啓発資材の提供
    がんの冊子 がん情報サービスへのリンク患者必携 患者必携サイトへのリンクなど、がんに関する冊子・書籍について、全国のがん診療連携拠点病院や図書館で活用いただけるよう取り組んでいます。また、患者会・患者支援団体への見本誌の提供 がん情報サービスへのリンクを行ったり、書籍は書店やがん診療連携拠点病院の売店などでも手にとれるよう、信頼できるがん情報普及への取り組みを推進しています。
    2) がんの冊子の利用環境の拡大
    がん情報サービスで作成している「がんの冊子」を広くご利用いただくために、2012年2月から、がん診療連携拠点病院等から発注いただける「がん情報サービス刊行物の発注システム」 がん情報サービスへのリンク の稼働を開始しました。現在ご利用いただけるのは、がん診療連携拠点病院など、定期的に利用いただける施設になりますが、今後活用いただける範囲を拡大できるよう検討を進めています。
  2. 信頼できる情報提供および相談支援に関する研修・教育
    1) がん相談支援センター相談員研修会の企画と運営 がん情報サービスへのリンク
    がん診療連携拠点病院がん相談支援センターの相談員「がん専門相談員」は、国立がん研究センターがん対策情報センターの研修会を受けることが、がん診療連携拠点病院の指定要件とされています。がん情報提供部では、その研修の企画と提供を行っています。また、相談支援センターがん専門相談員研修専門家パネル事務局で、がん専門相談員研修専門家パネルの皆さまのご協力を得て、研修企画、研修プログラムの作成と運営支援、研修プログラムの評価を実施し、現場のニーズに即した研修プログラムを提供しています。
    2) メディア・セミナー (メディア関係者との関係構築や情報交換)
    メディアの方々と医療者や研究者が、『信頼できるがん情報をわかりやすく伝える』ことを目標として、お互いの問題意識と知識を共有できる場として、メディア向けのプログラム提供を行っています。

●がん情報の普及とそのための広報およびネットワークづくりの支援

  1. がん情報普及/周知・広報・ネットワークづくり
    1) 地域ブロック別相談支援フォーラム・公開セミナーの開催 がん情報サービスへのリンク
    各都道府県では、がん対策推進計画が立てられ、県ごとのがん対策活動が進められています。全国のどこに住んでいても、同じようによりよい医療や情報を得られるという、がん医療や情報の均てん化を目指すためには、県ごとの取り組みだけでなく、県を超えたより広域な活動や全国単位での活動も不可欠です。がん情報提供部では、地域ブロックごとの地域相談支援フォーラムの企画と運営を行うことにより、より広域地域でのがん相談支援センターのネットワークづくりや市民へのがん相談支援センターの周知活動の支援を行っています。
    2) がん情報サービスサポートセンター がん情報サービスへのリンク(電話による情報提供サービス)
    全国のがん相談支援センターの案内とがん情報サービスの情報提供を行う電話の相談窓口として運営しています。2011年9月に国立がん研究センター中央病院内に「患者必携サポートセンター」として開設され、2012年9月に、中央病院からがん対策情報センター内に移管しました。2013年7月に、よりわかりやすい名称の窓口として、現在の「がん情報サービスサポートセンター」と改称しました。
    3) 企業等との連携による普及啓発ルートの拡大
    企業等との連携により、がんに関連する情報の共同作成や講演会活動による関係強化などを通じて、がん情報の普及啓発活動を行っています。
        ○NKSJひまわり生命保険株式会社との包括的連携(2011年7月28日より)
          がん患者のQOL向上における相互の協力が可能な分野における連携推進
        ○第一生命保険株式会社との包括的連携(2012年1月27日より)
          広く国民に対する「がんに関する情報の提供および国民のがんに対する意識の向上」「全てのがん患者およびその家族の苦痛の軽減ならびに療養生活の質の維持向上」において、相互の協力が可能な分野における連携を推進
        ○アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)との包括的連携(2012年8月23日より)
          「がんを含めた国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」「がんになっても自分らしい生活ができる社会」の実現を目指した情報提供・啓蒙活動および地域連携ネットワークの強化において、相互の協力が可能な分野における連携の推進
        ○堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センターとのがん医療情報の普及に関する協力・連携に関する協定(2012年10月3日より)
          「広く国民に対するがんに関する情報の提供」「さまざまな理由により情報を得にくい環境にある人に対するがん医療および療養生活に関する情報の作成」において相互の協力が可能な分野における連携の推進
        ○住友生命相互保険会社との包括的連携(2013年3月1日より)
          国民の死亡原因の第一位である「がん」の罹患率や死亡率の軽減を目指して、「国民に対する正しいがんに関する情報の提供ならびに国民のがんに対する意識の向上」において、相互の協力が可能な分野における連携の推進
  2. がん情報および相談支援体制の均てん化に向けた活動
    1) 都道府県がん診療連携拠点病院連携協議会情報提供・相談支援部会事務局の運営 がん情報サービスへのリンク
    都道府県がん診療連携拠点病院連携協議会情報提供・相談支援部会は、拠点病院で実施されている情報提供および相談支援体制の機能強化と質的な向上を図ることを目的として、2012年11月27日に設置されました。がん情報提供部は、この部会の事務局を行っています。

スタッフ

使命と活動目標

プロジェクト

がん情報提供部では、がん情報の有効な活用のために、がんに関連する情報や支援プログラムの作成、活用支援、普及/均てん化、評価/改善に関する研究を行っています。研究の成果を、いかに早く実践現場で活用できるようにすることも重要な研究課題の一つです。