がん登録センター << 国立がん研究センターがん対策情報センター
がん対策情報センター > 各部の紹介 > がん登録センター

がん登録センター



がん登録センターでは、正確で役に立つがんの統計情報を整備します。

活動

がん診療連携拠点病院で実施される院内がん登録および、各都道府県で実施されている地域がん登録を標準化し、 がん対策情報センターにて収集・集計を行い、正確ながん統計情報を、全国に発信します。
院内がん登録は… がん診療連携病院で診療を受けたがん患者の数、特性、診療内容を把握し、生存率を算出して、施設のがん診療の実態を評価します。
地域がん登録は… 対象地域で発生したすべてのがんを把握し、罹患率・生存率を算出して、地域のがん対策の課題を見つけ、評価します。

●がん登録の標準化と精度向上を推進します。
   罹患率や生存率は、がん登録の方法や精度によって、大きな影響を受けます。がん対策に必要ながんの実態把握のためには、高い精度のがん登録を標準化された手順で行う必要があります。
正確な罹患率と生存率を算出するために、がん登録の手順を標準化し精度を向上させます。

●がん登録を担う人材を育成します。
  標準的ながん登録を、高い精度で実施するためには、各がん登録で充分な数の、正確な知識と経験をもつがん登録実務者が必要です。
がん登録の実務者のための標準的なテキストを作成し、院内がん登録実務に最低限必要な技能の習得を目的とする初級者研修会を全国数カ所で開催する他、実務経験2年以上の経験者を対象にした中級者研修会などを東京で開催します。また、 WEB教育システムの整備も行います。

●国民にわかりやすいがんの統計情報を発信します。
  がん登録によって収集したデータをもとに、がんの死亡、罹患、生存率について、正確な統計情報を整備します。
がんの統計情報を誰もが適切に解釈できるように、わかりやすい説明を添えて提供します。

●がん対策の立案と評価に利用できる統計情報を提供します。
  がんの予防、早期発見、診断、治療、緩和ケアなどに関する統計情報を幅広く収集します。
がんに関する統計情報を総合的に分析することによって、がん対策の立案と評価に役立つ情報を整備します。

スタッフ update

使命と活動目標

プロジェクト