コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がんサバイバーシップ支援部 > イベント案内一覧 > 2016年9月29日:第7回がんサバイバーシップオープンセミナー

2016年9月29日:第7回がんサバイバーシップオープンセミナー

「家族が病気になったとき」

  • 受付終了しました

今回のテーマは、がんを体験した「こころ」のケアです。

埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科の大西秀樹先生にお話しいただきます。

  • 大西秀樹先生からのメッセージ

家族の一員ががんになる。思いもしない出来事に心は動揺しますがそんな中でも病気や治療について勉強し、かつ看病を続けて行う必要があります。家族の心身の負担はとても大きいのです。その負担の大きさから、心身の調子を崩し、看病に影響が及んでしまうことも少なくありません。ですから、家族は「第2の患者」、ケアの対象であると考えられています。

当日は、家族の一員ががんになった際、患者さんの周囲にいる家族の抱える問題、そしてそれらへの対応について考えてみたいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております。


プログラム

  • 開会の挨拶
    がんサバイバーシップ支援部長 高橋 都
  • 講演
    埼玉医科大学国際医療センター
    精神腫瘍科 教授 大西秀樹
  • 質疑応答
    司会進行 高橋 都
第7回がんサバイバーシップオープンセミナー
 

上記、セミナー案内は関連ファイル「第7回がんサバイバーシップオープンセミナー」をご参照ください。

日時

2016年9月29日(木曜日)18時から19時30分 (開場17時30分)

場所

特別会議室

定員

100名

参加費

無料

参加方法 

事前申込制(受付は終了いたしました。)

お問い合わせ

がんサバイバーシップオープンセミナー事務局
(がんサバイバーシップ支援部)  
ファクス:03-3547-6627
メール: cis-sr-cafe●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。