コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がん登録センター > プロジェクト > がんの死亡・罹患・生存率などの統計情報の作成

がんの死亡・罹患・生存率などの統計情報の作成

わが国におけるがん対策の立案と評価に必要な、がんの罹患、死亡、生存率などの統計情報をがん登録データに基づいて作成し、分析と公表を行っている。

がんの死亡・罹患・生存率などのデータ作成と分析

政府統計、全国がん登録、院内がん登録などからがんの死亡、罹患、生存率、診療実態などに関するデータを作成し、分析する。

がんの統計作成に関する基準設定

がん登録データを初めとするがんの統計を作成する際の、わが国における定義や手順を、国際ルールを考慮しつつ設定し、正確で国際比較可能ながん統計の整備を推進する。

がんの統計に関する情報発信

がんの死亡、罹患、生存率などの集計・分析結果を国立がん研究センターホームページ、Japanese Journal of Clinical Oncology(日本臨床腫瘍学会誌)のCancer Statistics Digest(がん統計ダイジェスト)などで公開している。