がん統計・総合解析研究部 << 国立がん研究センターがん対策情報センター
がん対策情報センター > 各部の紹介 > がん統計・総合解析研究部

がん統計・総合解析研究部



がん統計・総合解析研究部では、がん登録を始めとしたがんの統計情報を総合的に解析し、科学的根拠に基づくがん統計情報の整備とがん対策の推進に寄与します。

活動

●がん統計をより深く解析し、より広く役立てます。
   がん登録を始めとしたがんの統計情報は、科学的に解析することによって、正しく、解釈可能な、役立つ情報に変えることができます。がん統計・総合解析研究部では、がん登録を始めとしたがんの統計情報を、目的やニーズに合わせて深く解析し、公衆衛生、臨床、基礎など多分野の研究者、保健医療従事者、政策担当者、患者、企業、メディア、国民に広く利用され、役立つ情報を整備しています。

●がんの統計情報を用いてがん対策を系統的かつ科学的に解析します。
  がん対策は、科学的根拠に基づいて立案し、効果を分析する必要があります。がん統計・総合解析研究部では、がんの統計情報を、予防、早期発見、診断、治療、緩和ケア、医療経済などの情報と系統的に組み合わせ、数理的に解析することによって、がん対策の効果を分析しています。

スタッフ

使命と活動目標

プロジェクト

  • 「がん情報サービス」がん登録・統計サイト がん登録・統計サイトへ
    がん登録を始めとしたがんの統計情報を基に、がんの死亡・罹患・生存率などの数値データやグラフを提供しています。
  • がん統計、がん対策の解析に関する研究
    シミュレーションなど数理的な手法を用いてがん対策の効果の推定と予測を行っています。
    【主な研究班】
    科学研究費助成事業「集団における疾病の罹患・死亡状況の要因分析と介入効果の予測研究」(研究代表者 片野田耕太)
    科学研究費助成事業「地域がん登録データに基づく登録率補正罹患推移を用いたがん罹患リスクの定量評価」(研究代表者 堀芽久美)
  • その他
    がんの統計情報を用いてがんの予防、早期発見、治療、医療経済などの解析をしています。
  • 大阪大学との連携大学院(がん統計・インフォマティクス)外部サイトへのリンク