使命(Mission)と活動目標(Vision) << 国立がん研究センターがん対策情報センター
がん対策情報センター > がん対策情報センターについて > 使命(Mission)と活動目標(Vision)

使命(Mission)と活動目標(Vision)

1.がん対策情報センターの使命と活動目標
2.各部の使命と活動目標

1.がん対策情報センターの使命と活動目標

使命(Mission Statement)

正しい情報に基づいて、国民のためのがん対策推進を支援する。

活動目標(Vision)
すべての人が、がんに関する正しい情報に基づいた行動ができる。

活動計画(Action Plan)

1. がん対策に資する情報・データを収集、整理し、発信を行う。
2. 必要とする人に対して、がんに関する正しい情報を届けるための体制整備を行う。
3. がんに関する正しい情報の収集・整理・発信を行うための人材育成を行う。

2.各部の使命と活動目標

1)がん登録センター

使命(Mission)

正確で役に立つがんの統計情報を収集・整備する。

活動目標(Vision)

正確ながん統計情報が活用され、適切ながん対策が実施される。

活動計画(Action Plan)

1. 都道府県単位で行われてきた地域がん登録から、2016年より開始された全国がん登録への円滑な移行を確保すると共に、全国がん登録を主体的に構築、運営し、データに基づくがん対策に資する罹患統計情報の安定的な提供と発展を行う。
2. 施設単位で行われている院内がん登録に関して、その応用範囲や有用性の向上をめざして各種情報との突合や付加情報の収集などの可能性を探り、さらなる活用、発展を推進する。
3. 国内外との機関との協力により国際的な疫学上の課題に取り組むとともに、がん登録全体の水準の向上を図る。

2)がん情報提供部

使命(Mission)

国民に対して、がんに関する信頼のおける情報をわかりやすく提供し、適切かつ効果的に活用できるようにする。

活動目標(Vision)

一人でも多くの国民が、がんをおそれることなく、自分らしい生き方ができる。

活動計画(Action Plan)

1. 患者、家族、一般市民、メディア、保健医療関係者、政策担当者に対し、がんの予防、早期発見と治療、療養に関する知識を普及するとともに、がんに対する地域・組織的な対策についての情報を集積する。
2. 情報提供を行う際は、その信頼性の科学的な根拠のレベルなどについて評価を行ったうえで提供する。
3. 患者自らの意思決定を支え、医療者とよりよい関係を構築するための情報提供を行う。
4. がんの情報の活用をより効果的に推進するために、がんに関する情報の普及状況や活用状況の把握と評価を行う。

3)がん医療支援部

使命(Mission)

すべての国民が、適切ながんの診断、治療、緩和ケア、がん検診を受けることができるよう、がん診療やがん検診に対する支援、がん対策にかかる各種研修の実施、がん医療やがん検診のあり方について提言を行い、わが国のがん医療及びがん検診の均てん化を推進する。また、がん検診の実施や精度管理に関する格差が解消される。

活動目標(Vision)

がんの診断、治療、緩和ケアに関する施設間格差や地域格差が解消されるとともに、がん診療施設の全国レベルでのネットワークの構築により、施設間の連携強化、情報の交換、取り組みの共有などが進み、全国のがん診療施設における診療の質が向上し、わが国のがん医療の均てん化が推進される。また、がん検診の実施や精度管理に関する格差が解消される。

活動計画(Action Plan)

1. 全国のがん診療施設に対して、病理診断支援、画像診断支援、がん診療のための病理・画像診断技術情報の提供、放射線治療品質管理支援、緩和ケア支援に取り組む。
2. 全国的ながん診療に関するネットワークを活用し、がん診療の質の向上を実現するためのがん対策のあり方を検討し提案を実施していく。
3. 都道府県において研修を企画する指導者の育成を目的とした研修を実施し、都道府県における研修開催を支援していく。また、都道府県のがん対策の推進を支援していくために、都道府県のがん対策担当者等を対象とした研修を実施あいていく。
4. 科学的根拠に基づいたがん検診実施の支援や情報提供を行い、都道府県主導による精度管理を推進する。

4)がんサバイバーシップ支援部

使命(Mission)

わが国のがん患者やとりまく人々が直面する心理社会的問題を把握し、がん診断後の生活(特に初期治療を終えて社会復帰をする段階)に資する支援リソースの開発と啓発活動を行う。

活動目標(Vision)

がん診断を受けたすべての国民と家族が診断後も充実した社会生活を送る。

活動計画(Action Plan)

1. 実態把握:診断後の社会生活の諸側面の実態を多角的に明らかにする。就労 問題、種々の人間関係、健康行動やライフスタイル、AYA世代の課題、支援活動の 地域展開などを含む。
2. 支援リソースの開発:実態把握に基づき、わが国の医療システムや社会文化的背景に基づいた支援リソースを開発する。
3. 啓発活動:がん診断後の社会生活に関する、一般市民および医療者向けの教育啓発活動を行う。

5)がん統計・総合解析研究部

使命(Mission)

がん登録を始めとしたがんの統計情報を総合的に解析し、科学的根拠に基づくがん統計情報の整備を行う。

活動目標(Vision)

科学的根拠に基づくがん統計の活用により、国民生活が向上する。

活動計画(Action Plan)

1. がん登録を始めとしたがんの統計情報を総合的に解析し、公衆衛生、臨床、基礎など多分野の研究者、保健医療従事者、政策担当者、患者、企業、メディア、国民に広く役立つ情報を整備する。
2. がんの統計情報を予防、早期発見、診断、治療、緩和ケア、医療経済などの観点から総合的に解析し、科学的根拠に基づくがん対策の推進に寄与する。

6)がん臨床情報部

使命(Mission)

医療に関連する研究・統計データを総合的に分析し、科学的根拠に基づき効果的ながん対策の立案・遂行を支援する。

活動目標(Vision)

医療体制や臨床現場の多様な課題を解決し、必要な医療が必要な患者に提供される社会を実現する。

活動計画(Action Plan)

1. がん医療・政策の現状を包括的に吟味し問題提起を行うとともに、進行中の施策については進捗管理のためのデータを収集、分析する。
2. 適切な医学知見・知識に基づく医療を臨床現場の患者に円滑に届けることを目的として、有効な医療体制の構築・維持に向けた研究を行う。
3. 内外の知見や専門家の意見を客観的に集約し、中立な立場で政策提言を行う。

7)たばこ政策支援部

使命(Mission)

国際水準のたばこ政策をわが国において推進するため、たばこ政策にかかる各種の研究と連携と提言を行う。

活動目標(Vision)

「たばこ」から健康と生命を守る社会を実現する。

活動計画(Action Plan)

1. 情報収集
たばこ政策の推進に必要な国内外の情報収集、評価・分析し、広く発信する。
2. 政策提言
国内外の関係機関と協力し、根拠に基づいたたばこ政策を提言、実現するための戦略形成と体制整備を行う。
3. 国際貢献
たばこおよびがん予防に関する国際情報の共有及び国内への普及、たばこ規制枠組条約(FCTC)履行過程への参画、WHO関連行事のへの協力を行う。