コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > がん対策情報センターについて > 情報セキュリティマネジメントシステム認証について

情報セキュリティマネジメントシステム認証について

がん対策情報センターは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度による ISO/IEC 27001認証を、2017年3月17日付けで取得いたしました。

がん対策情報センターは、がん登録情報や研修受講者情報などの大規模かつ重要度の高い個人情報を保有しており、がん患者・家族等の関係者との信頼関係を築く上でも、守秘義務や個人情報保護等に関する法令等の遵守だけでなく、情報資産を適切に管理し、説明責任を適切に果たすことが重要と認識しております。
今般、ISMSを構築し第三者による認証を受けることによって、職員等の情報セキュリティに対する意識の向上を図るとともに堅牢かつ安全な情報セキュリティ体制の整備・維持を目指し、今後ともがん登録情報をはじめ、がんの統計情報、各種がんの情報、がんの診療に関する情報、医療機関情報などの様々な情報を収集・整理し、がん患者・家族、国民の皆さまへ分かりやすく提供してまいります。さらに、情報が必要な方へ迅速に伝わるための各種の支援活動、普及啓発活動、研修活動、研究開発活動につきましても、一層の推進を図ります。

ご参考:がん対策情報センター情報セキュリティ基本方針(PDF:86KB)

認証基準

ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014

認証登録番号

JQA-IM 1418

認証機関

一般社団法人 日本品質保証機構(JQA)

セキュリティ認証マーク

登録事業者

国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター
東京都中央区築地5-1-1

登録活動範囲

がん対策推進のための下記の活動

  • 全国がん登録及び院内がん登録をはじめとするがんに関する情報の収集、分析および提供・普及啓発
  • がん診療施設や医療従事者に対する支援、研修
  • がん対策推進に資する研究

関連事業所

なし

セキュリティ認証証書