コンテンツにジャンプ
社会と健康研究センター

トップページ > 各部の紹介 > QOL研究グループ > 健康支援研究部

健康支援研究部

研究活動

がん及びがん治療に伴って生じる身体と心の苦痛を軽減する支持療法に関する科学的根拠は極めて不十分であり、科学的根拠に裏打ちされたガイドラインの策定が望まれています。がんと共に生きる社会の実現を目指し、サバイバー及び家族介護者のQOL向上及び続発する疾病負担の軽減に資する行動科学研究・疫学研究、がん医療におけるコミュニケーションやヘルスケア・デリバリーに関する研究、そして支持療法領域のアウトカム指標選定に関する研究に注力しています。中央病院支持療法開発センターをはじめ内外の研究者と協力し、支持療法・緩和ケア・心のケア開発に係る多施設共同臨床研究を恒常的に支援する日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)を運営しています。