健康支援研究部 << 国立がん研究センター社会と健康研究センター
社会と健康研究センター > 各部の紹介 > QOL研究グループ - 健康支援研究部

QOL研究グループ
健康支援研究部


研究活動

がん及びがん治療に伴って生じる身体と心の苦痛を軽減する支持療法に関する科学的根拠は極めて不十分であり、科学的根拠に裏打ちされたガイドラインの策定が望まれています。がんと共に生きる社会の実現を目指し、サバイバー及び家族介護者のQOL向上及び続発する疾病負担の軽減に資する行動科学研究・疫学研究、がん医療におけるコミュニケーションやヘルスケア・デリバリーに関する研究、そして支持療法領域のアウトカム指標選定に関する研究に注力しています。中央病院支持療法開発センターをはじめ内外の研究者と協力し、支持療法・緩和ケア・心のケア開発に係る多施設共同臨床研究を恒常的に支援する日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)を運営しています。

研究スタッフ

1) 部長 松岡豊外部サイトへのリンク
2) 特任研究員 川原美紀、大久保亮、和田佐保、宮路天平、山口拓洋
3) 外来研究員 清水陽一、藤森麻衣子、益子友恵、森雅紀
4) 研究員(兼務) 上園保仁、里見絵理子、清水研、加藤雅志、全田貞幹、貞廣良一
5) 特任研究補助員 金丸美由紀、高木啓子、菊川由美、圷京子、佐藤綾子、梅橋海歩人、神野彩香

研究プロジェクト

■食・身体活動によるサバイバーの心理的苦痛軽減法の開発(CONVIVERE)
■がん医療におけるコミュニケーションに関する研究
■家族介護者のQOL向上に関する研究
■がん支持療法に関する臨床研究、アウトカム指標選定に関する研究
■サバイバーのためのガイドラインに関する研究


研究プロジェクトの紹介

J-SUPPORTホームページ外部サイトへのリンク