予防研究部 << 国立がん研究センター社会と健康研究センター
社会と健康研究センター > 各部の紹介 > 予防研究グループ - 予防研究部

予防研究グループ
予防研究部


研究活動

私たち日本人にとって、がんを予防するための正しい知識とは何かを常に最新の科学的根拠に基づいて提示することを目的とした研究を行っています。国内・国際共同研究の統合解析を組織したり積極的に参加したりすることにより、がん予防法の提言に寄与するより確かなエビデンスの構築を行うとともに、新たながん予防法の開発を行っています。また、胃がんのハイリスク地域での食事や化学予防介入研究により食事改善の継続性や化学予防剤の各種バイオマーカーへの影響を検証しています。さらに、基盤整備やがん化学予防薬開発に繋がるエビデンス構築を目的に、大腸がんハイリスクグループを対象とした介入研究を実施しています。また、地域住民を対象とした大規模コホート研究などの研究基盤を活用し、疫学研究部と連携してバイオマーカーを用いた個別のがん予防法の開発や大規模コホート研究推進・統合の方法論確立のための研究も行っています。
予防研究の精度を高めるとともに、さまざまな要因、疾患や高齢化社会の中でがんをとらえた研究を目指しています。

研究スタッフ

1) 部長 津金 昌一郎(社会と健康研究センター長併任)
2) 室長 島津 太一、武藤 倫弘(研究所併任)
3) 研究員 Hadrien Charvat
4) 客員研究員・外来研究員 坪野 吉孝、立道 昌幸、石原 淳子、小林 実夏、高地 リベカ、湯脇 恵一、三代 泉
5) 特任研究員  森 渚、山極 洋子、Thomas Svensson、宮本 真吾、坂野(小宮) 雅美、貢 英彦
6) 特任研究補助員 井場 康子、岡島 身知子、齋藤 華子、外山 文子
7) 任意研修生 鱧屋 隆博、田村 秀哉、黒川 友理絵、高橋 麻衣子

研究プロジェクト

有効ながん予防法の研究開発
  • 日本人における発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドラインの提言
  • 国内・国際統合解析に基づく確かなエビデンスの構築
  • 介入研究に基づく予防法の開発
大規模コホート研究などの疫学研究に基づくがん予防法の開発
  • 多目的コホート研究・次世代多目的コホート研究(主にリスク予測などの予防法開発や化学予防候補の探索)
  • 多層オミックス解析などを用いたリスク層別による個別化予防の開発

研究プロジェクトの紹介

予防研究グループ ホームページへncc管轄サイトへのリンク