保健社会学研究部 << 国立がん研究センター社会と健康研究センター
社会と健康研究センター > 各部の紹介 > 研究基盤グループ - 保健社会学研究部

研究基盤グループ
保健社会学研究部


研究活動

保健社会学研究部は、疫学・生物統計学者、保健医療を専門とする社会学者、看護師、データマネージャーなどから構成されており、公衆衛生分野(がん予防・検診・サバイバーシップ)に関する科学的エビデンスの構築及び普及のための研究を行っています。がん予防・検診については、国民の行動変容のための社会学・行動科学的研究および自治体支援を行い、サバイバーシップについては、患者さんやご家族のための療養生活に関する科学的エビデンスの構築を行っています
また、研究基盤のための活動として、社会学・行動科学や疫学・統計学に基づく方法論の開発や、大規模介入試験の支援やノウハウの蓄積、医学研究方法論の教育なども行っています。

研究スタッフ

1) 部長 山本 精一郎
2) 室長 溝田 友里
3) 研究員(非常勤職員) 下田 哲広
4) 研究補助員(非常勤職員) 小板橋 浩美、橋 洋子、豊嶋 久美子、中村 理香

研究プロジェクト

がん予防行動・検診受診行動に関する普及方法の開発と実際の普及ncc管轄サイトへのリンク
  • がん予防行動(禁煙・防煙、野菜摂取、身体活動)普及のための研究
  • がん検診受診率向上のための研究
  • 子どもに対するがん教育の普及に関する研究
  • 肝炎ウイルス検査受診率向上のための研究
■生活習慣指導・栄養処方などによるがん再発予防に資するエビデンス構築のための患者コホート研究
■臨床研究教育e-learningの構築・運営