検診研究部 << 国立がん研究センター社会と健康研究センター
社会と健康研究センター > 各部の紹介 > 検診研究グループ - 検診研究部

検診研究グループ
検診研究部


研究活動

科学的根拠に基づくがん検診を推進するために、がん検診に関する国内外の研究を検証し、検診の利益と不利益を勘案したがん検診ガイドラインを作成している。さらに、がん検診を正しく実施するために、精度管理をすすめ、全国市町村の精度管理状況について情報を収集し、分析している。また、最終的な目標であるがん死亡率減少を達成するために、受診率向上を目指し、その対策や提供体制について検討している。

研究スタッフ

1) 部長 斎藤 博
2) 室長 濱島 ちさと、高橋 宏和
3) 主任研究員 永田 浩一(併任)
4) 研究員 雑賀 公美子
5) 研究員(非常勤職員) 河野 可奈子
6) 外来研究員 青木 綾子
7) 研究補助員(非常勤職員)  天沼 早百合、浅井 淳子、松島 佳乃子、遠竹 安喜子、小和田 麻子、冨永 育子

研究プロジェクト

がん検診アセスメント:がん検診ガイドライン作成とガイドライン作成方法に関する研究
がん検診実施マネジメント:がん検診の精度管理に関する研究
対策型検診の提供体制に関する医療政策研究