コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > 先端医療開発センターについて > 国内外の連携体制

国内外の連携体制

国内外の連携体制 Domestic and International Cooperative Networks

NCC-EPOCでは、日本国内のがん専門病院などと連携し、早期開発治験や医師主導治験を実施しています。また、国内だけでなく、アジア諸国や欧米の臨床試験グループとの連携も準備を進めています。以下に国内の実例をご紹介します。

実例 国内:早期開発型AROの構築

国内:早期開発型AROの構築

NCC-EPOC柏キャンパスが中心となって進めているのが、医師主導による早期開発治験のためのARO(アカデミック・リサーチ・オーガニゼーション)の整備です。企業治験では、製薬会社に委託されたCRO(コントラクト・リサーチ・オーガニゼーション)と呼ばれる専門の会社が、医薬品開発に関わるさまざまな業務を代行しています。早期開発型AROは、がんセンターなどのアカデミア施設内にCROの機能を整備し、医師主導治験の円滑な実施、さらにはトランスレーショナルリサーチの実施・支援をめざすものです。

早期開発型AROでは、NCC-EPOC柏キャンパスが、治験薬を保有する製薬会社とアカデミアの各施設とをつなぐコアセンターの役割を担います。薬事・開発に関するコンサルティング、データセンター、モニタリング、安全性情報の管理、治験調整事務、情報共有システムの構築などを行っているほか、細胞性免疫反応検査の検体処理/保管体制やCRCの教育プログラムの整備なども計画中です。

早期開発型AROの体制図

早期開発型AROの体制図