コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 新薬開発分野(柏) > 安永 正浩

安永 正浩

安永 正浩

DDS(ドラッグデリバリーシステム)・イメージングテクノロジーを駆使した抗体・ADC (Antibody-drug conjugate) DDS製剤の開発を行っています。バイオインフォマティクスに基づいた抗体標的分子の探索・同定にも力を入れています。さまざまな分子イメージングや免疫・幹細胞生物学等を応用した新しいがん診断治療法の開発にも挑戦します。

職名

  • 新薬開発分野 ユニット長
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科NCC腫瘍医科学 連携准教授
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 がん先端生命分野 客員教授

専門領域

  • 腫瘍学
  • ドラッグデリバリー
  • 抗体科学
  • 分子イメージング
  • 細胞生物学

キーワード

  • DDS
  • 抗体
  • 分子イメージング
  • 幹細胞
  • バイオインフォマティクス (BI)

現在の主な研究テーマ

  • DDS製剤・抗体医薬の開発
  • BIを活用したがんバイオマーカーの探索・同定
  • がん間質微小環境制御法の開発
  • ドラッグデリバリー・がん代謝の可視化と診断治療への応用
  • リンパ球ホーミング機能標的療法の開発

共同研究可能なテーマ

  • DDS製剤・抗体の基礎・開発研究
  • 分子イメージングを駆使した診断治療法の開発
  • 抗体を用いたがん・間質・免疫細胞制御法の開発

Email

mayasuna●east.ncc.go.jp(●を@に置きかえてください)

略歴

  • 1988年 熊本大学医学部 卒業
  • 1996年 熊本大学大学院医学研究科 修了
  • 1989年 社会保険下関厚生病院 外科 医師
  • 1993年 京都大学大学院医学研究科 特別研究生
  • 1997年 山鹿市立病院 外科 医師
  • 1999年 熊本大学医学部 第一外科 医員
  • 2002年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員
  • 2006年 国立がんセンター東病院臨床開発センター がん治療開発部 室長
  • 2012年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 新薬開発分野 ユニット長
  • 2015年 現職

主な所属学会

  • 日本分子イメージング学会(理事)
  • 日本DDS学会(評議員)
  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本バイオイメージング学会
  • 日本微小循環学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 分子ロボティクス研究会
  • 情報計算化学生物学会
  • American Association for Cancer Research (AACR)
  • World Molecular Imaging Congress (WMIC)
  • The Antibody Society (Boston)

主な論文

  1. Yasunaga M, Matsumura Y. Role of SLC6A6 in promoting the survival and multidrug resistance of colorectal cancer. Sci Rep, 4:4852, 2014
  2. Yasunaga M, Furuta M, Ogata K, Koga Y, Yamamoto Y, Takigahira M, Matsumura Y. The significance of microscopic mass spectrometry with high resolution in the visualisation of drug distribution.Sci Rep, 3:3050, 2013
  3. Yasunaga M, Manabe S, Tarin D, Matsumura Y. Tailored immunoconjugate therapy depending on a quantity of tumor stroma. Cancer Sci, 104:231-237, 2013
  4. Yasunaga M, Manabe S, Tarin D, Matsumura Y. Cancer-stroma targeting therapy by cytotoxic immunoconjugate bound to the collagen 4 network in the tumor tissue. Bioconjug Chem, 22:1776-1783, 2011
  5. Yasunaga M, Manabe S, Matsumura Y. New concept of cytotoxic immunoconjugate therapy targeting cancer-induced fibrin clots. Cancer Sci, 102:1396-1402, 2011
  6. Yasunaga M, Tada S, Torikai-Nishikawa S, Nakano Y, Okada M, Jakt LM, Nishikawa S, Chiba T, Era T, Nishikawa S. Induction and monitoring of definitive and visceral endoderm differentiation of mouse ES cells. Nat Biotechnol, 23:1542-1550, 2005
PubMedで論文一覧を見る(外部サイトへリンクします)