コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 機能診断開発分野(柏) > 山口 雅之

山口 雅之Masayuki Yamaguchi, MD, PhD

 山口 雅之

抗がん剤治療や放射線治療に対するがん病変や臓器(脳、精細管、等)の変化をMRIを使って観測する研究を行っています。国内で2番目に強い磁場をもつ9.4テスラ水平型MRI実験機では、微小ながん病変や臓器の形態変化や代謝物の変化を計測できます。

また、内科、放射線科の臨床医と協力し、人工知能を活用したがん画像診断の研究にも取り組んでいます。

職名 

  • 機能診断開発分野 ユニット長

専門領域 

  • 画像診断学

キーワード 

  • MRI (Magnetic Resonance Imaging)
  • 人工知能

現在の主な研究テーマ 

  • 9.4テスラ装置を用いたがん動物モデルのMRI、MRS
  • 精細管のMRイメージング
  • 人工知能(CARTA:注)を活用したがん画像診断

注:CARTA; エルピクセル株式会社の人工知能技術

共同研究可能なテーマ 

  • がん動物モデルを対象としたin vivo MRIやMRS計測

Email 

masyamag●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

略歴 

  • 1996年 筑波大学医学専門学群 卒業
  • 2006年 筑波大学大学院人間総合科学研究科 博士課程 修了
  • 1996年-2002年 筑波大学附属病院 放射線科 レジデント
  • 2006年-2007年 筑波学園病院  診療放射線科 医長
  • 2007年-2012年 国立がんセンター東病院臨床開発センター  機能診断開発部 機能画像室長
  • 2012年 現職

主な所属学会 

  • 日本磁気共鳴医学会(代議員、教育委員、将来計画委員)
  • 日本医学放射線学会(放射線診断専門医)
  • NMRマイクロイメージング研究会(世話人)
  • International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM)

主な論文 

  1. Nagai M, Yamaguchi M, Mori K, Furuta T, Ashino H, Kurosawa H, Kasahara H, Minami M, Fujii H Magnetic resonance-based visualization of thermal ablative margins around hepatic tumors by means of systemic ferucarbotran administration before radiofrequency ablation: animal study to reveal the connection between excess iron deposition and T2*-weighted hypointensity in ablative margins. Invest Radiol. 2015 Jun;50(6):376-83.
  2. Yamaguchi M, Mitsuda M, Ezawa K, Nakagami R, Furuta T, Sekine N, Niitsu M, Fujii H. Artifact-reduced simultaneous MRI of multiple rats with liver cancer using PROPELLER. J Magn Reson Imaging, 2013 Jul;38(1):225-30
  3. Kutsuna N, Higaki T, Matsunaga S, Otsuki T, Yamaguchi M, Fujii H, Hasezawa S. Active learning framework with iterative clustering for bioimage classification. Nat Commun, 3:1032, 2012
  4. Yamaguchi M, Mitsumori F, Watanabe H, Takaya N, Minami M. Visualization of seminiferous tubules in rat testes in normal and diseased conditions by high-resolution MRI. Magn Reson Med. 62:637-644, 2009
  5. Yamaguchi M, Mitsumori F, Watanabe H, Takaya N, Minami M. In vivo localized 1H MR spectroscopy of rat testes: stimulated echo acquisition mode (STEAM) combined with short TI inversion recovery (STIR) improves the detection of metabolite signals. Magn Reson Med. 55: 749-754, 2006

PubMedで論文一覧を見る(外部サイトへリンクします)