コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 精神腫瘍学開発分野(柏) > がん患者の抑うつに対する介入法の開発

がん患者の抑うつに対する介入法の開発

抑うつの早期発見として、進行がん患者での使用を考慮し、簡便かつ性能の高い、1問の口頭によるスクリーニング方法を開発した1

標準的薬物療法として、進行がん患者を考慮し、即効性、非経口投与、有害事象の少ない、抗うつ薬の薬物療法アルゴリズムを作成した2

One-Question Interview

One-Question Interview

  1. Akizuki N, Akechi T, Nakanishi T, Yoshikawa E, Okamura M, Nakano T, Murakami Y, Uchitomi Y. Development of a brief screening interview for adjustment disorders and major depression in patients with cancer. Cancer, 97:2605-2613, 2003 [PubMed
  2. Akizuki N, Okamura H, Akechi T, Nakano T, Yoshikawa E, Nakanishi T, Uchitomi Y. Clinical experience of the pharmacological treatment algorithm for major depression in advanced cancer patients: preliminary study. Int J Psychiatry Clin Pract, 6:83-89, 2002