コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > セミナー・研修・イベント > がんサバイバーシップシンポジウム2014

がんと健康増進 診断・治療後を健やかに暮らすヒントがんサバイバーシップシンポジウム2014

このシンポジウムでは、がんの診断・治療後の健康づくりについて、運動・禁煙・食事から、参加者と一緒に考えます。また、悩む人が多い就労に関すること、そして、がんと向き合うときの心の動きなど、さまざまなことを課題として話し合います。病気の有無などにかかわらず、どなたでも参加できます。

プログラム

第8回

関連ファイルをご覧ください。

  1. <概説>がんサバイバーと健康増進
    高橋 都(国立がん研究センター)
  2. ライフスタイルに関するサバイバーシップ研究 世界と日本の動向
    山本精一郎/溝田友里(国立がん研究センター)
  3. 活き活きとしたライフスタイル形成に向けて がん経験者の身体活動を考える
    小熊祐子(慶應義塾大学)
  4. 禁煙外来の実践から
    上田淳子(国立がん研究センター東病院)
  5. 忙しくても楽しい食事
    宮内眞弓(国立がん研究センター中央病院)
  6. 仕事を続けるために知っておきたい三つの柱
    池山晴人(国立がん研究センター)
  7. なぜ「がん」は怖いのか―社会心理学からのアプローチ
    富田眞紀子(公益財団法人がん研究振興財団)
  8. 総合討論
    司会 柴田喜幸(産業医科大学)

日時 2014年11月22日(土曜日)13時30分から16時30分
場所 UDXギャラリーネクスト ホールNEXT-1(東京都千代田区外神田4-14-1)
参加費 無料
参加方法 シンポジウム参加申込みフォーム(外部サイトにリンクします)から事前申込(定員150名)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。