がん患者さんのサポートと生活の工夫展 2017 << 国立がん研究センターについて
ホーム > 広報活動 > セミナー・研修・イベント > がん患者さんのサポートと生活の工夫展 2017

がんになっても安心して暮らせる社会を目指して
がん患者さんのサポートと生活の工夫展 2017



がん患者さんとそのご家族が快適に暮らすための様々なサポート・工夫・情報のご紹介と、個別相談対応・暮らしに役立つセミナーや患者教室を開催し、みなさまとともに「がん患者さんの暮らし」を考えます。

中央病院では、2012年から2014年にも「がん患者さんの暮らしが広がるアイデア展」を実施し、がん治療を受けながらの暮らしに役立つ工夫をご紹介し、多くの患者さんやご家族にご来場いただきました。今回の工夫展では、より多職種の専門チームでより実践的なプログラムの提供も行いますので、ぜひ、ご来場ください。

プログラム

ちらし
(PDF)
開催日:2017年3月11日(土)
時間:9:30〜17:00 (開場:9:00)
※プログラム終了は16:30を予定しております。
会場: 国立がん研究センター 中央病院
病院棟8階 患者サポート研究開発センター
東京都中央区築地5丁目1-1
※都営地下鉄大江戸線・築地市場駅A3 出口から徒歩1分
参加費:無料
対象:患者、家族などどなたでもご参加可

セミナーのスケジュールと内容

がん治療中・療養中のくらしのなかで役立つテーマについて、院内の専門家が講義いたします。
時間 テーマ 主な内容 講師
10:00〜10:30 くすりの話 がん治療中のくすりとの付き合い方 薬剤師
11:00〜11:30 アピアランスケアの話 ウイッグの選び方は?マニキュアはいいの?など
外見ケアの素朴な疑問にお答えします!
アピアランス支援室 心理士
12:30〜13:00 食事の話 がん治療中のお食事のはなし 栄養士
14:00〜14:30 がん治療とお口の関係 がん治療を支える口腔のケアと、その方法について 歯科医師
15:00〜15:30 がんを体験した「こころ」のケア がん体験を通じて「こころ」が混乱したら、どのようにケアをすると良いのかについてのヒント 精神腫瘍科医師

患者教室のスケジュールと内容

患者さんご自身が困りごとに対してセルフケアできるように、知識だけでなく体験や実技も交えて、具体的な対処法などについて学んでいただきます。
時間 テーマ 内容
10:00〜11:00 睡眠・リラクセーション教室 よい睡眠やリラックスの方法をご紹介
10:00〜10:30
11:00〜11:30
痛みのケア教室 身体を温めることによる症状の緩和方法
(ホットパック&足湯体験)
10:00〜12:30 あなたの体力年齢は? リハビリ担当による計測と運動をご紹介
11:00〜12:00 親と子サポート教室 子育て中の患者・家族のための支援の場

11:30〜12:30
14:30〜15:30
リンパ浮腫ケア教室 リンパ浮腫の予防とセルフケアを学びます
13:00〜14:00 乳がんボディイメージ教室 乳がん術後の乳房再建術のお話です
13:00〜14:00 AYAひろば 若い世代のがん患者さんの交流の場です
14:30〜15:30 抗がん剤治療教室 治療による副作用対策と生活の工夫の話
14:00〜15:00 コスメティックインフォメーション 外見の変化への対処法やサポートの紹介

展示・体験コーナー

情報やグッズ、体験あり!質問もお受けします。
●食べる:食欲がないときのお助けメニュー、口腔ケア、口渇対策グッズの紹介
●よそおう:メイクアップ、頭皮ケア、スキンケア、ウィッグ・帽子のお試しや使い方
●身体を動かす:体の動きを助ける製品紹介
●やすらぐ:リラクセーション、睡眠の工夫
●排泄ケア:おむつ・パッドの上手な使い方、皮膚トラブルなどのお悩み解決法
●リンパ浮腫:弾性ストッキング、スリーブなど
●ピンクリボンコーナー:乳がん治療後の工夫、術後補正下着の紹介

がんとくらしの相談コーナー

国立がん研究センター中央病院の専門看護師や認定看護師、がん専門相談員、栄養士などによる、「暮らし」に関する個別相談のコーナーを設けます。 どうぞ、お気軽にご相談ください。

風景
リンパ浮腫ケア教室、展示コーナー、相談も気軽にできます。
(注:過去の開催時の会場の様子ですので、今回は会場設備、開催規模が異なります)

生活の工夫カード

中央病院看護部が企画、制作した「生活の工夫カード」36種類をご用意
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/info/support_card.html

<お問い合わせ>
国立がん研究センター中央病院
電話(代表):03-3542-2511
「総務課」を窓口として対応いたします。