コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > がん細胞の悪性化をもたらす代謝の制御機構を発見

がん細胞の悪性化をもたらす代謝の制御機構を発見

同化反応促進の機序解明から見える新たながんの治療戦略の可能性

2012年7月10日
国立がん研究センター
東北大学大学院医学系研究科
東北大学医学系グローバルCOE
東京大学先端科学技術研究センター

国立がん研究センター研究所 がんゲノミクス研究分野の柴田龍弘分野長らは、がん細胞の悪性化をもたらす新たな代謝制御機構を発見しました。正常細胞の中で酸化ストレス応答を担うタンパク質Nrf2が、がん細胞の中では糖・アミノ酸代謝を変化させることにより、がん細胞の増殖を促進することを突き止めました。この結果は、がん細胞の悪性化過程を理解する上で重要な発見です。本研究成果は、東北大学大学院医学系研究科ラジオアイソトープセンターの本橋ほづみ准教授、同医化学分野の光石陽一郎博士、田口恵子助教、山本雅之教授、東京大学先端科学技術研究センターの油谷浩幸教授との共同研究によるもので、米国の学術誌Cancer Cellの7月10日号に掲載されます。

詳細は関連ファイルのリリース文書をご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。