コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > 小中高生が外科手術体験に挑戦

国立がん研究センター中央病院の外科医直伝小中高生が外科手術体験に挑戦

2014年9月22日
独立行政法人国立がん研究センター

国立がん研究センター(理事長:堀田知光、所在地:東京都中央区、略称:国がん)は、中央病院の医師らの直接指導で外科手術体験を行う「ブラック・ジャックセミナー」を9月27日(土曜日)に行います。体験するのは、事前に応募した小学5年生から高校生までで、午前中と午後それぞれ約30名です。

本イベントでは、術衣を着た子どもたちを前に、まずは中央病院の外科の診療科長ががんの基礎知識のミニ講義を行い、次にグループごとに最前線の外科手術現場で使用される医療機器で手術体験を行います。国立がん研究センター中央病院のがん専門医、看護師など、高度先駆的ながん医療を日々患者さんに提供しているスタッフが直接指導します。

実際にがん医療に携わる外科医とのコミュニケーションや手術体験を通して、「将来外科医になりたい」「医療に携わりたい」と関心を抱く子どもたちを増やし、これからの日本のがん医療を支える人材を育てることに貢献できればという願いを込めて実施いたします。

  • 手術シミュレーター体験

    手術シミュレーター体験

  • 超音波メス体験

    超音波メス体験

  • 認定証授与

    認定証授与

開催概要

  • 日時:2014年9月27日(土曜日)
    午前の部 9時30分から11時30分(9時集合)
    午後の部 14時30分から16時30分(14時集合)
  • 参加者:小学生(5年生以上)、中学生、高校生
    午前・午後各約30名
  • 場所:国立がん研究センター 中央病院 ロビー
  • プログラム:ミニ講義、手術縫合体験、最新医療機器体験、内視鏡トレーニング体験、シミュレーター体験、自動吻合器・縫合器体験、写真撮影、認定証授与式など

お問い合わせ先

国立がん研究センター 企画戦略局 広報企画室
郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
電話番号:03-3542-2511(代表)
ファクス番号:03-3542-2545
Eメール: ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)