コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > がん対策応援団『患者・市民パネル』募集

がん対策応援団『患者・市民パネル』募集

2014年12月4日
独立行政法人国立がん研究センター

独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光、東京都中央区、略称:国がん)は、がん患者、ご家族、市民のそれぞれの立場から、わが国のがん対策について提言、またがん対策にかかわる情報を周囲の皆様に広報していただくがん対策の応援団「患者・市民パネル」の2015年度のメンバーを募集いたします。

「患者・市民パネル」の活動風景国立がん研究センターがん対策情報センター(がん情報サービスへのリンク)(センター長:若尾文彦)では、がんを経験された方、患者さんのご家族、患者さんのサポートに携わったことのある方などの視点を取り入れながら、信頼できる情報提供に取り組んでおり、「患者・市民パネル」の活動は来年度で8年目を迎えます。これまで、ウェブの「がん情報サービス」、書籍の「患者必携 がんになったら手にとるガイド」をはじめ、メンバーの皆さまには当センターが発信する情報の作成や普及に大きな役割を果たしていただいております。

主な活動内容

メールやインターネットを通じた活動が主ですが、会議への出席をお願いすることもあります。

  • 課題や取り組みへの意見、調査への回答
  • がん対策にかかわる活動(講演会等の案内など)の広報
  • パンフレットやウェブページの情報の見やすさ、分かりやすさなどのチェック
  • 意見交換会など会への出席(交通費支給)

これまでの活動例

がんの冊子

  • 新規に作成する書籍、冊子作成への協力
  • 「がんになったら手にとるガイド」「もしも、がんが再発したら」「科学的根拠に基づくがん予防」「『がんの臨床試験』をご存知ですか」
  • 新たに公開する情報のレビュー(各種がんのページ、冊子)
  • 国立がん研究センターのホームページ等情報発信の改善への提案
  • 検討会でのディスカッションを通した患者・家族ならではの視点の提供
    今年度のディスカッションテーマ:「いよいよ始まる全国がん登録 よりよく知ってもらうための伝え方とこれからの課題」「患者・市民パネルとしてできそうなこと、やってみたいこと」等)

活動一覧:これまでの主な活動

募集要項

  • 応募締切:2015年1月31日(土曜日)当日消印有効
  • 募集人数:50名程度
  • 応募方法:所定の応募願書にて郵送または電子メールで事務局に送付
    詳しくは「がん対策応援団(患者・市民パネル)」を募集します(受付終了)(がん情報サービスへのリンク)
  • お問い合せ先:
    国立がん研究センターがん対策情報センター「患者・市民パネル」事務局
    電話番号:03-3542-2511 内線1615(平日10時から16時)
    Eメール:Panel-oubo●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)
    ファクス番号:03-3547-8577

パネルメンバー経験者からの声

患者として「がん情報サービス」を利用していて、パネル募集の記事を見つけた事が、受け身であった自分と意識を前向きに変える契機になりました。「患者の自分だからこそできること」「経験したからこそ伝えられること」があり、それがこれからの医療や社会の仕組みづくりに微力ながらも役立つと思うと、意見出しや原稿チェックにも力が入りました。手記を載せて頂いた時は、読んで下さった方が、これで少しでも勇気を持って頂けたら嬉しい、と心から思いました。こうした活動に参加することで、実は自分自身もパワーを頂いているのだと感じます。これから参加される皆さまも、皆さまの経験や思いを「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現のために活かして行ってください。

(愛知県 女性)

がんにかかり、それまでの生活が大きく変わりました。仕事も制限し、社会の中で取り残されたような感覚を味わっていました。そんな中、患者・市民パネルに応募し活動を始めたことで、自分も社会の一員としてかかわっていることの安心感と生きがいを感じました。とても充実した時間を過ごさせていただきました。

(鳥取県 女性)

はじめて参加した検討会のディスカッションで、がん患者や家族は、近所の方や職場の方などの身近な人にも支えられているとの結論に至り、そこから「身近な人ががんになったとき」という冊子が生まれました。患者市民パネルのメンバーとがん対策情報センタースタッフの協働で周囲の皆さんに伝えられる冊子の作成に関わることができたことが一番の思い出です。私はがん患者家族であり、医療従事者でもある立場での協力でした。作成時に家族と改めて話し合う機会ができましたし、完成してからは医療機関や地域で紹介することができました。現在では、医療系学生の教育にも利用させてもらっています。

(愛知県 男性)

プレスリリース

  • がん対策応援団『患者・市民パネル』募集

関連ファイルをご覧ください。

報道関係のお問合せ先

  • 独立行政法人国立がん研究センター
    郵便番号:104-0045東京都中央区築地5-1-1
    がん対策情報センター がん情報提供研究部 八巻
    電話番号:03-3542-2511 内線1614
    Eメール:Panel-oubo●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)
  • 企画戦略局 広報企画室
    電話番号:03-3542-2511(代表)
    Eメール:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。