コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > 2015年のがん罹患数、死亡数予測公開

罹患数98万例、死亡数37万人 2014年予測から罹患約10万例、死亡約4千人増加2015年のがん罹患数、死亡数予測公開

2015年4月28日
国立研究開発法人国立がん研究センター

国立研究開発法人 国立がん研究センター(理事長:堀田知光、所在地:東京都中央区、略称:国がん)がん対策情報センター(センター長:若尾文彦)は、本年2015年に新たにがんと診断される数を示す罹患数と死亡数の予測を算出し、がん情報の総合サイト「がん情報サービス(がん情報サービスへリンクします)にて公開しました。

2015年予測の概要

罹患数(新たにがんと診断されるがんの数)

  • 予測がん罹患数は、982,100例(男性560,300例、女性421,800例)で、2014年予測値より約10万例増加。高齢化とがん登録精度の向上が要因と考えられます。
  • 部位別罹患数では、大腸がん、前立腺がんの罹患が増加し、男性においては前立腺が最多。がん登録の精度向上と前立腺がんのPSA検診の普及が要因と考えられます。

死亡数(がんで亡くなる人の数)

  • がん死亡数は370,900人(男性219,200人、女性151,700人)で、2014年の予測値より約4千人増加で大きな変化は見られませんでした。
  • 部位別死亡数では、全体では大腸の順位が上がりましたが、男女別での順位変動はなく2014年と同様の傾向でした。

短期予測の活用方法

罹患においては地域がん登録による2011年の推計が、死亡数においては人口動態統計による2013年の実測値が、それぞれ過去の実測値の最新統計として公開されています。
国や地域の確実ながん対策のためには、実測値と将来予測の両方のデータを見る必要があり、国立がん研究センターでは2014年より当年の罹患数、死亡数の予測を算出し公開しています。この短期予測を活用することで、がん対策の目標設定、評価を行うことに役立ちます。また予測値はこれまでの傾向が続いた場合を前提に算出するため、後に公開される当該年の実測値と突き合わせることにより、がん対策でどれだけの罹患、死亡を減らせたかの評価、分析を行うことも可能となります。

2015年のがん統計予測

罹患数(新たにがんと診断されるがんの数)(資料1参照)

算出に活用したデータ

  • 全国がん罹患モニタリング集計のがん罹患数1975年から2011年全国推計値
  • 将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所 中位推計)

結果

  • 予測のがん罹患数は982,100例(男性560,300例、女性421,800例)
  • 2014年の予測値から約10万例、実測値に近い2011年推計から約13万例増加
  • 大腸、肺、胃、前立腺、乳房の順に罹患数が多い

2015年のがん統計予測 罹患数 男女計

2015年のがん統計予測 罹患数 男性 女性

死亡数(がんで亡くなる人の数)(資料2参照)

算出に活用したデータ

  • 人口動態統計がん死亡数1975年から2013年実測値
  • 将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所 中位推計)

結果

  • がん死亡数予測は370,900人(男性219,200人、女性151,700人)
  • 2014年の予測値と比べると約4千人増、実測値である2013年人口動態統計から約5千人増
  • 肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順に死亡数が多い

2015年のがん統計予測 死亡数 男女計

2015年のがん統計予測 死亡数 男性 女性

長期的傾向

長期的傾向の画像

罹患数、死亡数とも胃がんと肝臓がんの順位が下がり、肺がんと大腸がんの順位が上がっています。
罹患数は、前立腺がんと女性乳がんの増加が顕著です。

まとめ

  • 2014年予測値と比べて罹患数が増加した要因は、高齢化とがん登録精度の向上が考えられます。
  • 罹患数では大腸、肺、前立腺がんが、死亡数では大腸がんが順位を上げました。
  • 罹患、死亡とも胃がんが順位を下げました。
  • 大腸、肺がんの罹患数の増加は高齢化(高齢化の影響を除くと大腸は横ばい、肺は男性で減少)の影響が高いと考えられます。
  • 前立腺がんの増加は、合わせてPSA検診の普及が寄与していると考えられます。
  • 胃がんは高齢化の影響を除くと罹患数・死亡数は減少傾向ですが、高齢化の影響で増加または横ばい(他の増加が上回るため順位が下がる)です。

解釈の注意点

  • 予測精度は主要部位の5年間の予測について、実測値と比較することで検証されています。
  • 予測には誤差が伴います(統計学的なもの+予測不能な要因)。
  • 予防危険因子の動向は、過去の罹患率、死亡率の変化に表れている部分は反映されていると考えられますが、将来の変化などは考慮していません。
  • 検診の動向などによって変動があり得ます(特に前立腺がんの罹患)。

資料1 2015年の部位別予測罹患数

男女計

全がん 982,100

  • 大腸 135,800
  • 肺 133,500
  • 胃 133,000
  • 前立腺 98,400
  • 乳房(女性) 89,400
  • 肝臓 47,300
  • 膵臓 38,700
  • 子宮 30,000
  • 悪性リンパ腫 29,700
  • 腎・尿路(膀胱除く) 28,700
  • 胆嚢・胆管 26,700
  • 皮膚 24,400
  • 食道 23,900
  • 膀胱 21,300
  • 口腔・咽頭 19,500
  • 甲状腺 17,900
  • 白血病 13,800
  • 卵巣 10,400
  • 多発性骨髄腫 8,600
  • 脳・中枢神経系 5,100
  • 喉頭 4,700

再掲

  • 結腸 91,600
  • 直腸 44,200
  • 子宮体部 17,800
  • 子宮頸部 12,500

男性

全がん 560,300

  • 前立腺 98,400
  • 胃 90,800
  • 肺 90,700
  • 大腸 77,900
  • 肝臓 30,700
  • 食道 20,500
  • 腎・尿路(膀胱除く) 19,900
  • 膵臓 19,400
  • 悪性リンパ腫 16,400
  • 膀胱 16,300
  • 胆嚢・胆管 14,100
  • 口腔・咽頭 13,000
  • 皮膚 11,600
  • 白血病 7,900
  • 甲状腺 4,700
  • 喉頭 4,300
  • 多発性骨髄腫 3,900
  • 脳・中枢神経系 2,600

再掲

  • 結腸 48,600
  • 直腸 29,300

女性

全がん 421,800

  • 乳房 89,400
  • 大腸 57,900
  • 肺 42,800
  • 胃 42,200
  • 子宮 30,000
  • 膵臓 19,300
  • 肝臓 16,600
  • 悪性リンパ腫 13,300
  • 甲状腺 13,200
  • 皮膚 12,800
  • 胆嚢・胆管 12,600
  • 卵巣 10,400
  • 腎・尿路(膀胱除く) 8,800
  • 口腔・咽頭 6,500
  • 白血病 5,900
  • 膀胱 5,000
  • 多発性骨髄腫 4,700
  • 食道 3,400
  • 脳・中枢神経系 2,500
  • 喉頭 400

再掲

  • 結腸 43,000
  • 直腸 14,900
  • 子宮体部 17,800
  • 子宮頸部 12,500

注:大腸は結腸と直腸の合計。子宮には子宮頸部と子宮体部が含まれる。

資料2 2015年の部位別予測死亡数

男女計

全がん 370,900

  • 肺 77,200
  • 大腸 50,600
  • 胃 49,400
  • 膵臓 32,800
  • 肝臓 28,900
  • 胆嚢・胆管 19,200
  • 乳房(女性) 13,800
  • 前立腺 12,200
  • 食道 11,400
  • 悪性リンパ腫 11,300
  • 腎・尿路(膀胱除く) 9,100
  • 白血病 8,200
  • 膀胱 8,100
  • 口腔・咽頭 7,400
  • 子宮 6,300
  • 卵巣 4,800
  • 多発性骨髄腫 4,200
  • 脳・中枢神経系 2,300
  • 甲状腺 1,800
  • 皮膚 1,700
  • 喉頭 1,000

再掲

  • 結腸 35,200
  • 直腸 15,400
  • 子宮頸部 2,800
  • 子宮体部 2,400

男性

全がん 219,200

  • 肺 55,300
  • 胃 32,400
  • 大腸 27,200
  • 肝臓 18,900
  • 膵臓 16,600
  • 前立腺 12,200
  • 食道 9,500
  • 胆嚢・胆管 9,500
  • 悪性リンパ腫 6,300
  • 腎・尿路(膀胱除く) 5,900
  • 膀胱 5,600
  • 口腔・咽頭 5,200
  • 白血病 4,900
  • 多発性骨髄腫 2,200
  • 脳・中枢神経系 1,300
  • 喉頭 900
  • 皮膚 800
  • 甲状腺 600

再掲

  • 結腸 17,400
  • 直腸 9,800

女性

全がん 151,700

  • 大腸 23,400
  • 肺 21,900
  • 胃 17,000
  • 膵臓 16,200
  • 乳房 13,800
  • 肝臓 10,000
  • 胆嚢・胆管 9,700
  • 子宮 6,300
  • 悪性リンパ腫 5,000
  • 卵巣 4,800
  • 白血病 3,300
  • 腎・尿路(膀胱除く) 3,200
  • 膀胱 2,500
  • 口腔・咽頭 2,200
  • 多発性骨髄腫 2,000
  • 食道 1,900
  • 甲状腺 1,200
  • 脳・中枢神経系 1,000
  • 皮膚 900
  • 喉頭 100

再掲

  • 結腸 17,800
  • 直腸 5,600
  • 子宮頸部 2,800
  • 子宮体部 2,400

注:大腸は結腸と直腸の合計。子宮には子宮頸部と子宮体部が含まれる。

プレスリリース

  • 2015年のがん罹患数、死亡数予測

関連ファイルをご覧ください。

説明資料

  • 2015年のがん統計予測

関連ファイルをご覧ください。

報道関係からのお問い合わせ先

国立研究開発法人 国立がん研究センター
郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
企画戦略局 広報企画室
電話番号:03-3542-2511(代表)
ファクス番号:03-3542-2545
Eメール:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。