コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > 韓国国立がんセンターとの覚書締結について

韓国国立がんセンターとの覚書締結について

2016年9月5日
国立研究開発法人国立がん研究センター

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、所在地:東京都中央区、略称:国がん)は、2016年7月26日、韓国国立がんセンター(所在地:韓国、高陽市)と覚書を締結しました。

両国のセンターは、2001年に結んだ共同宣言以降、友好的な関係を維持していましたが、今回の締結においては人事交流、共同研究などを骨子とし、今後さらに緊密な協力を推進することについて調印しました。

同日、韓国国立がんセンターにて行われた調印式で中釜斉国立がん研究センター理事長は「両者、国を代表するがんの専門機関として、より積極的に協力を進めていきたい」と意気込みを話し、また、両国ともに関心の高い「個別化医療」と「がんサバイバーシップ」について意見交換が行われました。

調印式後は、韓国国立がんセンタースタッフに向け中釜斉理事長より「日本国立がん研究センターの新ビジョン 個別化医療とアンメットメディカルニーズ」というテーマで講演が行われました。韓国がんセンターにとっても大変関心のあるテーマであり、多くの質問が寄せられました。

韓国国立がんセンターは、韓国の保健福祉省の下2000年に設立され、がんの医療・研究・がん対策・大学院を併設した韓国のがん専門機関です。

写真

写真中央 左 国立がん研究センター 理事長 中釜斉
右 韓国国立がんセンター 総長 イ・ガンヒョン

参考

プレスリリース

  • 韓国国立がんセンターとの覚書締結について

関連ファイルをご覧ください。

報道関係からのお問い合わせ先

国立研究開発法人 国立がん研究センター
企画戦略局 広報企画室
郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
電話番号:03-3542-2511(代表)
ファクス番号:03-3542-2545
Eメール:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。