米国国立がん研究所との研究協力に関する覚書締結について << 国立がん研究センター
ホーム > プレスリリース > 米国国立がん研究所との研究協力に関する覚書締結について

米国国立がん研究所との研究協力に関する覚書締結について

2014年5月15日
独立行政法人国立がん研究センター

独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光、所在地:東京都中央区、略称:国がん)は、2014年4月、米国国立がん研究所(National Cancer Institute、略称:NCI、所在地:米国メリーランド州)と研究協力に関する覚書を締結しました。

NCIは、米国国立衛生研究所(National Institute of Health、略称:NIH)を構成する最大の研究機関です。がん遺伝子の基礎研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したハロルド・ヴァーマスが所長を務めており、自ら世界最先端のがん研究を行うとともに、世界最大のがん研究助成機関として、米国はもとより、世界中のがん研究の支援を行っています。

覚書の内容は、人事交流や基礎研究、疫学、予防、診断、検診、治療、がん対策、サバイバーシップなどの分野での共同研究、シンポジウムの共同開催、情報の共有やがん研究費の配分など盛り込まれております。

がんは、日本における死因のトップで、米国でも心疾患に次いで2位であり、がんの克服は両国の医療における最大の問題の一つです。この4月24日の日米首脳会談でも安倍総理より、日米のがん研究機関の間で協力が合意されたことを歓迎する旨が述べられました。

これまでも基礎研究、臨床研究の分野を中心に共同研究や人事交流が行われていましたが、今後はより具体的、かつ、より広いがん研究の分野で、より緊密に連携を取ることができるようになりました。これにより、両機関のみならず、日米のがん研究の発展の大きな橋渡しになることが期待されます。



覚書抜粋

Memorandum of Understandin
on Cooperation in Cancer Research

Between
National Cancer Institute
9609 Medical Center Drive, Rockville MD, 20850, US

and
National Cancer Cente
5-1-1, Tsukiji, Chuo, Tokyo, Japan


Whereas, National Cancer Institute, National Institutes of Health, U.S. Department of Health and Human Services (“NCI”) and the National Cancer Center (“NCC”) of Japan, each hereinafter referred to as a “Participant” and collectively as the “Participants”, have or have access to high standard scientific and technical capabilities and facilities;
Whereas, the Participants share a longstanding commitment to increase capacity in cancer research and overcome cancer burden for public health;
Whereas, the Participants have collaborated successfully in the past on a variety of cancer research activities, and are convinced of the importance of furthering this collaboration;
Whereas, the Participants share a specific interest in further strengthening relations and broadening the scope of joint research activities and academic interchanges; and
Whereas, the Participants intend that this Memorandum of Understanding (“MOU”) will provide the structure and basis for implementing and expanding such collaborative activities.

1. GENERAL SCOPE OF COLLABORATION
1.1 Subject to Article 2, below, this MOU establishes the general framework of collaboration between the Participants. The Participants intend by this MOU to promote and conduct high-quality research to strengthen the evidence base that underpins cancer prevention and control. Subject to their respective missions and applicable statutes and regulations, the Participants intend to strengthen their collaboration in the following ways:

a. Visits and exchanges of faculty, scholars, and administrators
b. Collaboration in cancer research including basic, epidemiologic, prevention, diagnosis, screening, treatment, cancer control, and survivorship research
c. Organization of joint conferences, symposia, or other scientific meetings of mutual interest
d. Exchange of information and materials for academics and public
e. Funding of cancer research to facilitate extramural activities in all cancer fields
f. Other exchange and cooperation programs to which both Participants may agree

(中略)

サイン

プレスリリース:米国国立がん研究所との研究協力に関する覚書締結について(PDF)



<本件内容に関するお問い合わせ>
独立行政法人 国立がん研究センター
企画戦略局 国際戦略室
TEL:03-3542-2511(内線2246)
FAX:03-3547-2545
E-mail: ias@ml.res.ncc.go.jp

<その他のお問い合せ>
独立行政法人 国立がん研究センター
企画戦略局 広報企画室
TEL:03-3542-2511(代表)
FAX:03-3542-2545
E-mail:ncc-admin@ncc.go.jp

迷惑メール防止のために@の前後にスペースが入っております。メールソフトにより、スペースが入ったままでは送信できない場合がございます。送信できない場合は、スペースを削除してご利用ください。