中央病院 IVRセンター開設 << 国立がん研究センター
ホーム > プレスリリース > 中央病院 IVRセンター開設

中央病院 IVRセンター開設
IVR(画像下治療)によるがん治療、緩和ケアの国内普及を目指す

2014年12月10日
独立行政法人国立がん研究センター

独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光、東京都中央区)は、このたび中央病院(病院長:荒井保明)に「IVRセンター(センター長:荒井保明)」を開設いたしました。


1.IVRセンター開設の背景

IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)とは、画像診断装置で体の中を透かして見ながら、体を大きく切開せずに体内に挿入した器具で行う画像下治療で、がん治療における4本目の柱として欧米で広く活用されつつあります。

大別すると、がんに対する局所治療と、症状や処置に伴う苦痛を緩和する治療のふたつがあります。局所治療は、肝がんに対する動脈化学塞栓術、ラジオ波凝固療法、腎がんに対する凍結治療などが代表的で、緩和的治療では腹水を心臓近くの血管に戻すシャント術、骨転移による痛みに対する骨セメント(骨形成術)、がんで潰れた血管に対するステント治療などがあります。多くの場合、局所麻酔による小さな傷で行われるため短期の入院ですみ、中央病院では年間4,000件以上のIVRが行われています。特に、緩和的IVRは薬物療法で効きにくい苦痛や症状を速やかに緩和しQOLの改善を提供する有用な手段として年間1,000件以上が行われています。

国内的にもIVRセンターは各所で開設されていますが、欧米に比べて国内のIVRの認知、導入は遅れており十分に活かされていないのが現状です。


2.国立がん研究センター中央病院 IVRセンターが目指すもの

中央病院ではこれまで、原則として当院の患者さんを対象にIVR治療を行っていましたが、他院の患者さんへも提供できるよう受け入れ体制や設備を整備し、また他院との連携、役割分担の強化を図り、12月5日より「IVRセンター」として始動しました。さらに、ナショナルセンターとして臨床試験の難しい緩和医療におけるIVRのエビデンスについても日本、そして世界に向かって多くの情報を発信し、他のIVRセンターとも情報共有を図りながらIVR(画像下治療)によるがん治療、緩和ケアの国内普及を目指します。

国立がん研究センターは、一般医療機関では取り組みがたい希少がんの診療・研究を促進させるため本年6月に「希少がんセンター」を設置し、また中央病院東病院(千葉県柏市)それぞれの特徴を活かした緩和医療などへも取り組み「がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会」の構築を目指しています。


3.IVRセンター施設概要

場所: 国立がん研究センター 中央病院 4階 (〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1)
設備: IVR-CT(Angio-CT)装置 2台       C-arm X線透視装置 1台
  オープンMRI装置 1台 超音波装置 4台
  血管アクセス用超音波装置 4台 ラジオ波凝固療法装置 2台
  凍結療法装置 2台    
人員: 医師 7名 (常勤 5、非常勤 2)
  放射線診断専門医 6名    
  IVR専門医 5名    
  診療放射線技師 4名    
  看護師 4名    
  学会認定INE看護師 4名(INE: インターベンション・ナース・エキスパート)


4.対応可能なIVR

がん自体の治療
動注 ラジオ派凝固療法
動脈塞栓術 凍結治療
 
症状、処置に伴う苦痛の緩和治療
難治性腹水に対するシャント術 がんで潰れた消化管、胆管に対するステント治療
がんで痛む骨に対する骨セメント(骨形成術)  苦しい鼻からのチューブを首に変更(PTEG)
がんで潰れた血管に対するステント治療  
 
その他
経皮的針生検 特殊なIVR
中心静脈ポート  


5.中央病院のIVR実績

IVR治療件数
2011年 2012年 2013年
3,805 3,606 4,148

目的別件数(2012年)
抗がん治療、治療支援 2,523
症状緩和 1,083



プレスリリース:
IVRセンター開設(PDF)

資料:
IVRセンター開設について(PDF)
IVRセンターの概要と運営につい(PDF)
緩和ケアからみたIVRの役割(PDF)
海外の専門家からのレター(PDF)



<問い合わせ先>
(IVRに関する医療機関からのご相談窓口)
  独立行政法人国立がん研究センター中央病院
    TEL:03-3547-5201(内線7447) 時間:平日8:30〜17:30
    医療従事者の方へのご案内

(報道関係のみなさまのお問い合わせ)
  独立行政法人国立がん研究センター 企画戦略局広報企画室
    TEL:03−3542−2511(代表)/FAX:03−3542−2545
    E-mail:ncc-admin @ ncc.go.jp
    迷惑メール防止のために@の前後にスペースが入っております。メールソフトにより、スペースが入ったままでは送信できない場合がございます。送信できない場合は、スペースを削除してご利用ください。