コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > キューバ共和国のJICA事業招へい者 中央病院放射線関連施設を視察

キューバ共和国のJICA事業招へい者 中央病院放射線関連施設を視察

2016年7月19日、独立行政法人国際協力機構(JICA)の事業「キューバ共和国の保健医療分野にかかる本邦招聘」により来日された、キューバの保健に携わる医療者や行政職員などの皆さんがお越しになりました。

西田中央病院長より当センター組織の概要を紹介後、アンギオCT、IVR、PET、サイバーナイフBNCTTrue beamといった放射線診断・治療関連の機器を視察されました。

キューバの物資不足はニュースでも見聞するところですが、医療の現場でも、放射線機器を30年間もたせて使用しているというお話しがありました。検討されているキューバの医療機関での機材導入が実現した際には、医療従事者教育などでの協力も実現するかもしれません。

写真

招へいされた皆さんと西田中央病院(後列左から2番目)

  • 荒井理事長特任補佐よりIVRについて説明の画像
    荒井理事長特任補佐よりIVRについて説明
  • 光野副放射線診断技術室長よりPET-CTについて説明の画像
    光野副放射線診断技術室長よりPET-CTについて説明
  • サイバーナイフの写真や動画を撮影する参加者の画像
    サイバーナイフの写真や動画を撮影する参加者
  • 伊丹放射線治療科長よりBNCTについて説明の画像
    伊丹放射線治療科長よりBNCTについて説明