コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > たばこ白書の要点をまとめたリーフレットを作成しました

たばこ白書の要点をまとめたリーフレットを作成しました

2017年4月21日

がん対策情報センターでは、厚生労働省より昨年公表された「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書(平成28年8月)」(通称、「たばこ白書」)の要点をとりまとめたリーフレットを作成し、がん情報サービス(ガン情報サービスへリンクします。)で公開しました。

たばこ白書は昨年、およそ15年ぶりに作成されたもので、たばこの健康影響について、新たな科学的知見に基づいた体系的な評価が盛り込まれています。また、たばこ規制に関する世界保健機関枠組条約の発効や受動喫煙対策強化の必要性など、たばこを取り巻く大きな社会環境の変化についてもとりまとめられています。

このリーフレットでは、500ページ以上からなるたばこ白書の要点を、たばこをめぐる日本の現状、喫煙による本人への影響、受動喫煙による影響、世界のたばこ対策の項目で最新の知見をまとめています。(A4・6ページ)

喫煙と健康影響、たばこ対策の重要性についての理解促進にお役立てください。

報告書

なお、たばこ白書の本文および概要版は、厚生労働省のホームページ「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書(外部サイトにリンクします)」よりご覧いただけます。 

本件についての連絡窓口

国立がん研究センター がん対策情報センター たばこ政策支援部

Eメール:tobacco●ml.res.ncc.go.jp(●は@に置き換えてください)