国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科長(任期付き常勤職員)の募集について << 国立がん研究センター
ホーム > 募集情報 > 築地キャンパス 募集情報 > 国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科長(任期付き常勤職員)の募集について

国立がん研究センター中央病院
血液腫瘍科長(任期付き常勤職員)の募集について



国立がん研究センター中央病院では、血液腫瘍科長を下記のとおり募集します。
1.職名および人数
血液腫瘍科長(任期付き常勤職員) 1名
2.職務内容
血液腫瘍科に係る診断および治療ならびに臨床研究を行う。当該組織の事務を掌理する。
3.応募資格
(1) 医師免許をお持ちの方
(2) 上記関連業務経験および臨床経験(併せて12年以上)のある方
(3) 関連領域で特段の業績および管理能力のある方
(4) 当センターの理念・基本方針を理解し、職務に誠実かつ積極的に取り組む意欲があり、他の職員と協調して業務を遂行する能力のある方
4.処遇等
(身分) 常勤職員(任期付き常勤職員)
(勤務時間) 勤務日:週5日(月〜金曜日、土日祝日を除く)
勤務時間:週38時間45分
(平日:午前8時30分から午後17時15分)
(給与等) 当センター職員給与規程により決定
(学歴、職歴により算出します。内定後、算出に必要な提出書類があります。)
交通費等各種手当、厚生労働省第二共済、厚生年金、雇用保険、年2回賞与、有給休暇、その他特別休暇など
5.雇用期間
採用日から5年間(科長職の任期は3年間)
※当センターの運営状況を鑑み、かつ、勤務成績が不良でない場合は任用更新審査により更新していきます(定年は65歳)。また、採用日から6カ月間は試用期間となります。
6.採用年月日
平成29年4月1日以降採用予定
7.提出書類
(1) 履歴書(写真添付・職務経歴を記載)
※自作・市販のもの(A3またはA4判)で結構です。
(学歴は義務教育後(高等学校等入学から)の記載をしてください。)
(2) 医師免許証・専門医認定証・学位記の写し ※A4判に縮小
(3) 血液腫瘍科長としての抱負(A4一枚1000字程度)
(4) 業績資料
【1】診療(過去3年)
当該領域の診療実績(例●内視鏡実施者となった件数(内訳)●IVR実施者となった件数(内訳)●治験責任医師となった治験課題数、●治験調整医師となった治験課題数、●効果・安全性評価委員会のメンバーとなった治験課題数、●医学専門家となった治験課題数等を各自で工夫して記載)
【2】研究(過去5年)
●競争的研究資金の獲得状況(主任と分担に分けて記載)[資金拠出元(年度、事業名)、課題名、助成機関、金額(分担の場合は分担研究者としての額)]
●その他の研究費(主任と分担に分けて記載)[資金拠出元(年度、事業名)、課題名、助成機関、金額(分担の場合は分担研究者としての額)]
●英語書籍(監修、編集、執筆・分担執筆の区分を併記。出版社名・発行年を明記)
●英語総説(年毎に記載。全著者名(自分の名前には下線をひく)・タイトル・雑誌名(MEDLINE略号)・巻・頁〜頁・年)
●英語原著論文(年毎に記載。全著者名(自分の名前には下線をひく)・タイトル・雑誌名(MEDLINE略号)・巻・頁〜頁・年)
●日本語書籍(監修、編集、執筆・分担執筆の区分を併記。出版社名・発行年を明記)
●講演歴(招請講演、教育講演、シンポジウムなど特記すべき発表(学会の一般口演は含めない)[海外と国内に分けて記載。講演タイトル、発表した学会名:第○回○○学会学術総会、講演の年月日、開催地を記載]
【3】施設外活動(過去3年)
●委員長・委員となっている国(内閣官房・府省)の各種委員会名と委嘱期間
●委員長・委員となっている地方自治体の委員会名と期間
●学会・研究会活動(学会長:第○回○○学会学術総会・日時・場所、学会理事・評議員、学会の各種委員会活動状況)
●学術雑誌の編集委員、editorial board、査読委員等の経歴
【4】施設内活動(過去3年)
●担当した委員会の名称、役職名、担当期間
【5】教育活動(過去3年)
●教育活動で特記すべきもの(自由記載)
※提出書類は責任破棄します。
8.提出締切日
平成28年10月17日必着
9.選考方法
書類選考を行ったのち、対象者に面接・プレゼンテーション選考を行います。
※プレゼンテーション用資料詳細は、面接選考のお知らせの際に通知となります。
10.書類提出先
〒104-0045 東京都中央区築地5−1−1
国立がん研究センター人事部人事課人事係
TEL:03−3542−2511 (内線:2119)
(提出書類は封筒に「血液腫瘍科長 応募書類」と朱書きし、簡易書留など受け取り確認のできる方法にてお送りください。)