コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 乳腺・腫瘍内科 > 診療について

診療について

乳がん

乳がんは切除可能な乳がんと転移や再発を伴う乳がんがあり、条件により治療目標や治療内容が異なります。また、乳がんにはホルモン受容体と呼ばれるER、PgRや、HER2と呼ばれる受容体の発現によりサブタイプが分類され、ひいてはそれぞれのサブタイプに見合った最良の治療選択が行われます。これまで内分泌治療、化学療法、並びにトラスツズマブ(抗HER2薬)といった分子標的薬などが広く用いられてきましたが、今後さらに多くの新規治療薬の登場も期待されています。そのため、乳がん治療に携わる医師には、様々な薬物療法についての知識と経験が求められます。我々は薬物療法のエキスパートとして、全身治療や副作用マネジメントなどを実施しています。

当科では新規受診時にはチーム全員で治療法や、患者満足度に繋がるためのサポートを検討し、手術や放射線治療が必要な患者さんについては、乳腺外科、放射線治療科との合同カンファレンスで治療方針を検討しています。
また、遺伝性乳がんの話題が注目されるようになり、手術術式を検討するために、診断後早期に遺伝カウンセリングが必要な患者さんもおられます。当院では、そのための体制も整えています。

泌尿器科がん

泌尿器がんとひとくくりにしても、その疾患は前立腺がん、膀胱がん、腎盂尿管がん、腎細胞がん、胚細胞腫瘍と非常に多岐にわたります。我々は泌尿器がんにおいて、薬物療法を主に担当していますが、最近の泌尿器がんに使用するお薬は抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤、免疫療法薬など極めて多彩です。我々は薬物療法のプロフェッショナルとして、適切にかつ安全にこれらを用いて治療する事を実践しています。またそれのみならず、泌尿器外科医、放射線治療医との合同カンファレンスを定期的に行い、治療方針決定の”司令塔”としての役割を担っています。

日々の診療に際しては個々の患者さんにとって最善の治療は何かを検討し、患者さんに十分な説明を行った上で提供する事を心掛けています。
もちろん、がんセンターとして泌尿器がんのよりよい治療や新薬開発のための治験も積極的に行っています。

婦人科がん

婦人科がんは、卵巣がん、卵管がん、腹膜がん、子宮頸がん、子宮体がん、外陰がん、膣がん、絨毛性疾患など多岐に渡ります。また、一般的な上皮性がんのみならず、肉腫、胚細胞腫瘍など多彩ながん種があります。当院では、日本では珍しく、婦人科がんの薬物療法を我々腫瘍内科医が行っています。主には再発婦人科がんの患者さんを対象に、薬物療法(化学療法、内分泌療法)や新規薬剤の開発治験を行っていますが、外科治療が必要な場合は、東京慈恵会医科大学柏病院産婦人科と連携し、定期的にカンファレンスを行うなどして、患者さんにとって最適と思われる治療を提供しています。我々は、ガイドラインに基づいた標準治療を提供することを第一に考えますが、標準治療による治療が困難な状況に際しては、患者さんの状態によっては新規薬剤治験や医師主導臨床試験にご参加いただき、より良い治療法の開発にも取り組んでいます。

近年、婦人科がんの治療開発は進歩しつつあります。免疫療法やPARP阻害剤といった特異的な新規治療が次々と開発されています。また最近では、従来の病理学的分類に加えて、遺伝子発現プロファイリングに基づいた疾患分類も提唱されつつあります。当院では婦人科がんの臨床、研究開発、教育を通じて、より良い婦人科悪性腫瘍治療を開発すべく、日々努力しています。

肉腫、希少がん

軟部肉腫は、「サルコーマ」とも呼ばれ、発生頻度の少ない希少がんの一つです。乳腺・腫瘍内科では、軟部肉腫の薬物療法(化学療法、新薬の開発治験など)を行っています。また、軟部肉腫の治療は、陽子線治療や放射線治療、手術を組み合わせて行う場合があり(集学的治療と呼びます)、放射線治療科や外科と連携しながら実施しています(腫瘍の部位によっては、国立がん研究センター中央病院で手術を行う場合もあります)。

乳腺・腫瘍内科では、軟部肉腫に限らず、希少がんと呼ばれるような稀な疾患を担当しており、幅広い腫瘍の経験や、新規薬剤の開発の経験を活かし、患者さんに最もよい治療を提案できるように日々の診療に携わっています。

原発不明がん

原発不明がんとは、十分に検査をしたにも関わらず原発巣が不明で転移巣だけが判明している悪性腫瘍のことを指します。頻度は1%から5%とされています。原発が確定できない悪性腫瘍が軒並み本疾患に分類されますので、種々の腫瘍が混在した不均一な疾患グループからなっていると想像されます。よってさまざまな臨床形態をとります。本疾患と診断された患者さんがお亡くなりになった後の病理解剖により、はじめて判明する原発巣で頻度が高い部位は、膵臓、胆道、肺、です。

しかし一方で病理解剖後も原発巣がなお不明な患者さんが20%から50%存在します。本疾患は一般的に予後がよくないとされていますが、一部治癒する方や予後良好な方が存在するので注意を要します。当科では最新の治療技術を駆使して最善の成果が出るよう努力しています。

AYA(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)世代に発症するがん

AYA世代に発症するがんとは15歳から30歳台に発症するがんのことをさします。その時期は進学、就職、結婚、出産など人生のターニングポイントがあり、がんの治療中、治療後に、様々な支援が必要とされます。しかしAYA世代のがん診療の専門家が少なく、特にわが国では未だAYA世代に発生するがんの現状すら正確に把握されていません。当センターでは、AYA世代に特有のさまざまな問題点に配慮した診療を行っています。豊富な経験を生かした最善の治療の提供はもちろん、小児腫瘍科、血液腫瘍科、先端医療科やサポーティブケアセンターなどと協力し、進学や就職、妊よう性の温存など、治療以外の点についても可能な限りの支援を提供します。
また、がんの治療を受けられている患者さんのお子さんの心のケアも行っており、親御さんの病気についてのお子さんへの話し方や対応の仕方についての相談も受けつけています。

当院では、治療前、治療中にかかわらず肉腫、AYA世代がんについて専門家の意見を聞きたいという患者さん・ご家族のために電話での相談窓口を設けております。専門の医師が直接対応いたします。診断や治療、臨床試験や治験など、なんでもご相談ください。医療以外のことでも治療中の生活の事(学校、仕事、家族など)、患者さんご自身の小さいお子さんへの話し方などの相談にも対応いたします。ただし、電話での相談には限界がございますので、詳細につきましては初診もしくは医療相談(セカンドオピニオン外来)を受診していただけますと幸いです。

肉腫・AYA世代がん・小児がん 電話相談

肉腫・AYA世代がん・小児がん
電話相談 電話番号:04-7130-0191
受付時間:平日10時から16時

注:相談は無料です(通話料は発生します)。
注:入院中の患者さんや外来患者さんの対応などにより、時間内であっても電話に対応できない場合がありますが、折り返し連絡いたしますのでご了承ください。

診療実績

乳がん348
 術前 98
 術後 117
 転移・再発 133
 泌尿器がん234
 前立腺がん 116
 膀胱癌 45
 尿管がん 16
 腎盂がん 16
 尿膜管がん 1
 腎細胞がん 35
 胚細胞腫 5
原発不明がん93
婦人科がん69
 卵巣がん 24
 腹膜がん 8
 子宮頸がん 20
 内膜がん・肉腫 15
 その他の婦人科がん 2
肉腫59
 平滑筋肉腫 8
 脂肪肉腫 3
 MFH 2
 横紋筋肉腫 2
 骨肉腫 3
 GIST 15
 血管肉腫 5
 その他の肉腫 21
その他(悪性黒色腫、副腎がんなど)59