コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科

レジデント1日体験プログラム 乳腺・腫瘍内科

東病院 乳腺・腫瘍内科のPRポイント

特徴

Standard therapy and beyond.

乳腺・腫瘍内科というと「乳腺腫瘍だけを扱っているのかな?」と思う方もいるでしょうが、そうではありません。

(乳腺)腫瘍内科と読むのが正解です。乳がん患者さんが比較的多いので、便宜上この名前になっています。当科は現在わが国のがん診療の分野で最も必要とされているにもかかわらず、最もその数が足りないとされる“腫瘍内科医”を養成するための研修システムを完備しています。

当科は消化器・呼吸器・血液がん以外のすべて、多臓器にまたがるさまざまながん種(乳がん、泌尿器がん、骨軟部腫瘍、原発不明がん…etc.)を治療しています。近年では、次々に新しい機序の新薬や治療戦略が開発されるなどがん治療の発展が著しく、当科でも多様ながん種、さまざまなセッティングでの治験・臨床試験を行いながら、ダイナミックに変わっていく世界の一端を先取りして垣間見ることができます。

教育体制

しかし、臨床試験の理解もさることながら、全ての当科レジデントにとっての第一目標は、「多様ながん腫に共通するOncologistとしての基礎知識、緊急時対応、各がん腫の標準治療から、他科と協力し診療にあたる上で必要な態度や心構えまでをバランスよく身に着けること」です。当科はその達成が可能な環境にありますし、当科レジデントは他科へのローテーションも自由度が高く、各自の希望や目標に応じた研修をカスタマイズすることができます。腫瘍内科医となるためには他科ローテーションは必須と考えており、推奨しています。

また、当科の教育のもう一つの柱は“Scientific Clinicianの育成”です。すなわち科学的視野を持った臨床医の育成です。そのために論文の読み方、解釈の方法の指導に始まり、自分で疑問に感じるClinical Questionを探し、その解決のための研究を上司の指導のもとで行います。レジデントまたはシニアレジデントの期間に、その研究成果の発表として少なくとも1本は論文作成を行うよう指導をしています。

当科での研究では一般臨床を極めることは勿論ですが、まだ解決なされていない腫瘍内科分野での諸問題に対する科学的なアプローチの方法を学ぶことが可能です。

メッセージ

当科での研修をお考えの場合、初期研修を修了されていれば基本的に早すぎる、遅すぎるということはないと思います。当科での研修は多様な疾患を扱うため、当然必要とされる知識と勉強量は膨大となりますが、例えば単一臓器の診療のみを行う“○○腫瘍の内科医”ではなく、研修終了後にはどの病院でも通用する“真の腫瘍内科医”となっているであろうことを保証いたします。

先達が少ない分野であり、興味があっても先々のキャリアパスの実際が気になる方もいらっしゃると思いますが、その点「ご心配には及びません」とだけここでは申し上げておきます。少しでも興味のある方はまず一度のぞいていただければ、直接具体的なご質問にもいろいろとお答えでき、気さくな雰囲気も感じていただけるかと思います。まずはお気軽にお問い合わせください。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日・プラン

夕方になりますが、特に乳腺カンファは外科・放射線治療科合同であり、さまざまな視点での診療を垣間見られます。

対応の難しい日

特にありません。いつでも歓迎します。

備考

見学の先生のご要望になるべく添うようなプログラムに変更も可能ですので、希望があれば遠慮なくおっしゃってください。

1週間のスケジュール

 
7:50 抄読会 新患
カンファレンス
リサーチ
カンファレンス
臨床
カンファレンス
 
8:30 入院症例
カンファレンス

回診



回診



回診



回診
入院症例
カンファレンス

回診
10:00 新患外来または病棟業務
12:00 昼休み
13:00 新患外来または病棟業務
17:00 17:30
泌尿器科
カンファレンス
(第1・3週目)
  18:00
乳腺
カンファレンス
(第1・3週目)
科内ミーティング 17:00
乳腺病理
カンファレンス
(第3 or 4週目)

先輩レジデントからのメッセージ

藤本 祐未(ふじもと ゆみ)

藤本 祐未(がん専門修練医)

近年、次々と新しい薬や投与方法が開発され、がんの薬物療法は非常に複雑になっています。そのため、腫瘍内科の医師が必要とされていますし、目指している先生方もいらっしゃることと思います。私もその一人で、実質的に臓器横断的に癌の学習ができる施設は日本では限られている中で、当科で研修することを決めました。当科のスタッフ先生方は、それぞれに違った専門分野を背景とされており、幅広く勉強することができます。是非一度見学にいらっしゃってください。

各長からのメッセージ

乳腺・腫瘍内科長 向原 徹

世界レベルで腫瘍内科のトレーニングをつめる、国内では数少ない診療科です。次世代を担う真のメディカルオンコロジスト(腫瘍内科医)を目指しませんか。