コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 乳腺外科 > 研究について

研究について

他の研究者と共同して種々の臨床試験、新たな治療・診断法の開発に取り組んでおります。センチネルリンパ節生検腋窩温存後の予後、後遺症の検討、センチネルリンパ節生検の適応拡大や術前内分泌療法の前向き試験、ラジオ波焼灼療法後切除試験、さらにJCOG、N-SAS BC試験などに参加しております。

また、多施設共同試験で「再発高リスク乳癌術後患者の標準的フォローアップとインテンシブフォローアップの比較第III相試験(INSPIRE)」を主導しております。さらに、先進医療として「早期乳癌へのラジオ波焼灼療法の安全性および有効性の評価に関する多施設共同研究」にも参加しております。これは腫瘍径1.5センチメートル以下の乳がんを対象とし、腫瘍本体を切除しないでラジオ波焼灼療法にて治療を行う新しい方法です。

2016年下記分担研究者となっております。

  • 臨床研究・治験推進研究事業
    早期乳がんに対するイメージガイド下ラジオ波熱焼灼療法の標準化に係る多施設共同試験
  • AMED-革新的がん医療実用化研究事業
    乳がん術後の適切なフォローアップに関する研究