コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 食道外科 > 食道外科の特色 低侵襲性外科治療

食道外科の特色 低侵襲性外科治療

食道がんの外科治療においても、従来の手術方法と比べて身体的負担(侵襲:しんしゅう)の少ない治療が普及しつつあります。当科では、がんの進行度と患者さんの状態に応じて、低侵襲性外科治療を積極的に行っています。

食道がんにおける低侵襲性外科治療とは、術前補助療法でがんを縮小させ、内視鏡外科手術で小さな傷で切除(低侵襲性手術)することを指します。食道がんに対する低侵襲性手術では、胸腔鏡で食道がんを切除し、腹腔鏡で再建を行います。低侵襲性手術は、胸壁と腹壁の破壊が少ないので痛みが少なく、術後の回復が早いため、手術翌日からの歩行が可能となります。

図3:低侵襲性外科治療と低侵襲性手術

図3

胸腔鏡下食道切除術

当院では、腹臥位(ふくがい:うつぶせのこと)で、手術器具を入れるポート(手術器具を入れる筒)6個で手術を行っています。ポートの直径は、6個のうち1個が約1センチメートル、残り5個は約0.5センチメートルと小さいものです。このほかに開胸創を置くことはありません。

図4:胸腔鏡下食道切除術の様子

図4

図5:

図5

腹腔鏡下胃管再建術

当院では、過去に開腹手術を受けたことのない患者さんに対しては、お腹を大きく開けずにポート5個だけで手術を行う、腹腔鏡下胃管再建術を行っています。使用するポートの直径は、5個のうち2個が約1センチメートル、3個が約0.5センチメートルと非常に細いものです。さらに、臍(へそ)の周囲を約4センチメートル切開し、胃袋を食道の代わりとなるように胃管につくり変えます。

図6: