コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 消化管内科

消化管内科

レジデント1日体験プログラム 消化管内科

東病院 消化管内科のPRポイント

特徴

消化管内科は消化管内視鏡科胃外科大腸外科食道外科先端医療科などと密に連携しながら、消化管悪性腫瘍、主に食道・胃・大腸がんの抗がん剤治療、また新規抗がん剤の第I相試験にあたっています。

東病院は、日本を代表する研究施設として新規治療の開発・確立に取り組んでいる一方で、地域のがん拠点病院としての性格も併せ持っていることが特徴です。
日常診療においては、一般的な化学療法が必要となる症例を扱いますが、非常に豊富な症例を短期間に経験でき、またそれぞれの症例において治療選択や治療変更の判断の際には、世界をリードするスタッフと共にディスカッションを行うことができる、非常に恵まれた環境です。さらにその中で、国内・国際共同試験への積極的な参画や、新規治療の開発・確立、また新規抗がん剤の第I相試験など、当院でしか経験できない症例に触れ合うことができ、現在の標準治療や新規薬剤が開発される過程を肌で感じることができます。

約1年間のローテート期間の使い方は非常に自由度が高く、自分のスタイルにあわせて、他科のがん腫を学びながら、日本臨床腫瘍学会 のがん薬物療法専門医を取得することも可能です。他にも、先端医療開発センターの研究部門とも密に連携し、基礎研究に参加することも可能で、連携大学院制度を利用し、がんセンターで研究を行いながら、博士号を取得することも可能です。

教育体制

消化管内視鏡科とは元々一つの診療科であったこともあり、診療はもちろん、合同のカンファレンスやミーティングも多く、また教育面においても密に連携をとることで、薬物療法のみでなく局所評価の技術や内視鏡的インターベンションを含めた総合的なG.I. oncologistとして修練を積むことができます。レジデントの希望に応じて、両診療科での研修も可能です。さらに、当科はレジデントの教育に力を注いでおり、臨床研究、国内・国外の学会発表や論文執筆の指導も積極的に行っています。

メッセージ

ぜひ1日体験プログラムを利用して、レジデントの日常診療を見学しに来てください。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

対応の難しい日

特になし。

備考

見学者の希望に応じて、スケジュールは調整可能です。


1週間のスケジュール

 
7:30   胃外科合同
カンファレンス
ワーク
カンファレンス
消化管内科
抄読会
 
8:00         Phase 1
ブリーフィング
9:00 外来業務・病棟業務
12:00  
13:00 外来業務・病棟業務
16:30     消化管内科
総カンファレンス
Phase 1
ミーティング
 
17:00 術前
カンファレンス
      EMR
カンファレンス
18:00   食道
カンファレンス
  病理
カンファレンス
 

先輩レジデントからのメッセージ

松本寛史(レジデント3年目)

当科では、主に食道がん、胃がん、大腸がんの患者さんの診療を行っていますが、決して治験や臨床試験の症例ばかりではなく、一般市中病院で経験するような症例も多いです。またレジデントやスタッフの先生方、さらにコメディカルも含めて雰囲気の良いのも特徴です。1日でも良いので見学に来て頂ければ、当科やレジデントの雰囲気を感じてもらえると思いますので、是非一度気軽に見学にいらしてください。ご連絡お待ちしております。

各長からのメッセージ

消化管内科長 吉野 孝之

皆さんも私たちと一緒に、最新のがん治療を実践しさらには将来のがん治療を作り出す担い手になりませんか。