コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 頭頸部内科 > 研究について

研究について

頭頸部がんの治療成績向上を目指して臨床試験を立案し、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)、がん臨床研究支援事業(CSPOR)などで、以下の多施設共同臨床試験を活発に行っています。

  • JCOG1008「局所進行頭頸部扁平上皮癌術後再発High-Risk患者に対する3-Weekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法とWeekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法ランダム化第II/III相試験」
  • JCOG1212「局所進行上顎洞原発扁平上皮癌に対するCDDPの超選択的動注と放射線同時併用療法の用量探索および有効性検証試験」
  • CSPOR-HN01「局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する導入化学療法(ドセタキセル+シスプラチン+セツキシマブ)と放射線治療及びセツキシマブ併用療法の第II相試験」
  • CSPOR-HN 02「再発・転移頭頸部扁平上皮癌に対するPaclitaxel+Carboplatin+Cetuximab(PCE)併用療法の第II相試験」
  • 根治切除不能局所進行頭頸部扁平上皮癌に対するPaclitaxel,Carboplatin,Cetuximab (PCE)導入化学療法後のCisplatin 併用化学放射線療法の実施可能性試験

頭頸部癌における治療選択や、再発に関するバイオマーカーは確立していません。そこで我々は頭頸部がんに対する遺伝子解析による治療効果予測の検討、頭頸部がん患者における血液および腫瘍組織中のテロメアおよびエクソソームの解析などにて新たなバイオマーカーの創出を目指しています。また現在注目されている免疫療法に関しては、免疫TR分野と協力して頭頸部がんにおける免疫細胞動態解明に関する研究も行っています。これらの研究にて、個別化医療を目指すとともに、新たな標準治療の確立、患者さんのQOLを重視しながら生存延長・治癒を目指しています。