コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > レジデントプログラム > レジデントプログラム詳細 > 血液腫瘍科

血液腫瘍科

レジデント1日体験プログラム 血液腫瘍科

東病院 血液腫瘍科のPRポイント

特徴

東病院血液腫瘍科では、急性白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍に対する化学療法や造血幹細胞移植を行っています。幅広い造血器悪性腫瘍に対して、適確な診断とエビデンスに基づいた標準治療を実施しており、研修により血液腫瘍内科医としての基礎固めを、着実に行うことができます。

教育体制

またJCOGおよびJALSG(日本成人白血病研究グループ)などの多施設共同研究グループに主体的に参画しており、標準治療法確立を目的とした臨床試験の実際を経験することができます。医師主導治験を含む新薬のPhase I ~ III試験にも参加しており、世界の最先端の治療法をいち早く学ぶことができます。さらに先端医療開発センター(主に、ゲノム解析と免疫領域)とも連携して共同研究を行っています。スタッフの指導の下、基礎研究やトランスレーショナルリサーチ、臨床研究を実施し、論文化することが可能です。

このように血液腫瘍科では、各種造血器悪性腫瘍に対する標準治療の習得、臨床試験・治験の実施、トランスレーショナルリサーチ、基礎研究を行う基盤が整っており、それぞれの先生の目的に沿った研修を行うことができます。

メッセージ

私たちともに学び、造血器腫瘍学の進歩に力を尽くしませんか。皆さんの参加をお待ちしています。

担当窓口

山内寛彦
メール:noyamauc●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日・プラン

夕方カンファレンスがある月、水がお勧めですが、どの曜日でも対応可能です。

1週間のスケジュール

 
9:00     科長回診    
9:30 外来または病棟業務
11:00
12:00 昼休み
13:00 外来または病棟業務
14:00
15:00
16:30 研究
カンファレンス
  リンパ腫病理&診療カンファレンス    
17:00          

各長からのメッセージ

血液腫瘍科長 南 陽介

標準治療の習得、臨床試験・治験の実施、トランスレーショナルリサーチ、基礎研究を行う基盤が整っており、目的に沿った研修を行うことができます。私たちともに学び、造血器腫瘍学の進歩に力を尽くしませんか。