コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 肝胆膵外科 > 研究について

研究について

国立がん研究センターでは質の高いがん治療を国民に提供するとともに、先進的な治療法を積極的に開発・応用する責務もあります。将来の標準治療法を決めるためには臨床試験を行い、いくつかの治療法の優劣を調べる必要があります。当科はJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)の一員として多施設共同の臨床研究や単施設での臨床研究などを主導、あるいは参加協力して、得られたエビデンスを活かしたがん治療成績の向上に努めています。

またより安全で適正な手術を目指し、手術手技、手術術式、術後管理の改良する研究も精力的に行っています。

実施中の臨床試験

  1. 大腸がん肝転移切除後の手術単独に対して補助化学療法の有効性を検証する試験(JCOG 0603)
  2. 大腸癌肝転移に対する化学療法に伴う肝障害に関する研究
  3. 根治切除後胆道癌に対する術後補助療法としてのS-1療法の第III相試験(JCOG1202)
  4. 膵・消化管および肺・気管支・胸腺神経内分泌腫瘍の患者悉皆登録研究(NET Registry)
  5. 症例登録システムを用いた腹腔鏡下肝切除術の安全性に関する検討~前向き多施設共同研究~
  6. 腹腔鏡下膵切除術の安全性に関する検討~前向き観察多施設共同研究~
  7. 消化管癌を含む固形癌患者における免疫状態の解明と臨床的意義に関する研究
  8. 膵切除後消化剤の脂肪肝発生抑制効果 無作為比較試験(ESOP trial)
  9. 個別化T細胞受容体遺伝子導入T細胞療法の臨床応用を目指した肝胆膵領域がんにおけるネオアンチゲンおよびそれを認識するT細胞受容体スクリーニング
  10. Borderline Resectable膵癌を対象とした術前ゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法と術前S-1併用放射線療法のランダム化比較試験(GABARNANCE Trial)
  11. 切除可能肝細胞癌に対する陽子線治療と外科的切除の非ランダム化同時対照試験(SPRING study)

これらの研究に関しては患者さんへの十分な説明のもとに、ご理解・ご協力をお願いしながら進めております。